【スカーレット】TKO木本武宏がレギュラー出演 荒木荘の田中雄太郎役 

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「スカーレット」でお笑い芸人・木本武宏(TKO)が演じる田中雄太郎という人物についてまとめます。

木本武宏は俳優としての活動も見られますので、代表出演作などもまとめます。

「荒木荘」のヒキコモリ男・田中雄太郎

15歳の喜美子が女中として働き始める大阪の下宿「荒木荘」には、個性が強すぎる住人たちが揃います。そんなツワモノの中でもっとも素性がわからない男が、自室に引きこもっている謎の男・田中雄太郎です。

雄太郎は公務員として働いていましたが、退職して以降は自室に引きこもったまま。下宿代の支払いも滞っています。

そんな雄太郎でしたが、喜美子が働き始めて以降、共同スペースに少しづつ顔を見せるようになっていきます。実は雄太郎は映画俳優にあこがれており、端役に挑戦し続けていたのだそう。

喜美子はほんわかとした雄太郎の雰囲気に癒やされつつ、雄太郎の夢の実現を温かく見守ることになります。

【スカーレット10月19日】雄太郎が歌っていた曲「赤いランプの終列車」(春日八郎)
【スカーレット】映画「生きる」 雄太郎が勇気をもらった黒澤明の超名作とは

「TKO」のツッコミ・木本武宏

田中雄太郎を演じる木本武宏は、大阪府大東市出身の48歳。松竹芸能所属のお笑いコンビ「TKO」のツッコミを担当するお笑い芸人です。

TKOは「ABCお笑い新人グランプリ新人賞」を受賞したり、「キングオブコント」の上位入賞常連であったりと実力派のお笑いコンビとして知られます。

「スカーレット」出演のお笑い芸人、落語家、コメディアンまとめ

俳優・木本武宏

木本武宏は俳優としての活動も見せており、これまでに複数のテレビドラマ、映画に出演しています。

これまで「ルーズヴェルト・ゲーム」(2014年・TBS)、「喰う寝るふたり 住むふたり」(NHK BSプレミアム)、「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」(2016年・日本テレビ)、「侠飯〜おとこめし〜」(2016年・テレビ東京)、「おんな城主 直虎」(2017年・NHK)などに出演したほか、映画「くちびるに歌を」(2015年)、「空飛ぶタイヤ」(2018年)にも出演。俳優としての意外な才能を見せています。

NHK朝ドラは「ごちそうさん」(2013年)でヒロインの夫・悠太郎が勤める建築課の課長・藤井耕作役で出演。悠太郎が職場に持ち込んだぬか床に「べにこ」と名付け、甲斐甲斐しく手入れをしています。

なお、相方の木下隆行は木本以上に俳優として活躍しています。木下は「ごちそうさん」では軍司令部の高官・里見役を演じ、木本と共演をしています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑