【スカーレット】草間宗一郎と「草間流柔道」

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「スカーレット」で佐藤隆太演じる謎の男・草間宗一郎についてまとめます。

また、喜美子はこの草間という男から「草間流柔道」を習うことになるのですが、このエピソードの創作にはモチーフとなっているエピソードがありますのでご紹介します。

川原家の居候・草間宗一郎

草間宗一郎(くさま・そういちろう)は、大阪の闇市で暴漢に襲われているところを常治(北村一輝)に助けられたことが縁となり、川原家に居候をすることになる男です。草間は満州からの引き揚げの際に大変な苦労をしたそうで、生きる気力を失いかけていました。

商人や職人など男臭い大人たちに囲まれて育っていた喜美子(川島夕空)にとって、草間は極めて「異質な存在」に映ります。そもそも、草間の話す「東京言葉」は喜美子にとって聞いたこともない言葉。喜美子は当初、言葉の違いから草間のことを外国人だと思ったほどでした。

ガサツで感情的な父とは違い、草間は人の心の内もきちんと汲み取れる、優しく教養あふれる男。喜美子は元気を取り戻し始めた草間から様々なことを学び、すぐに草間を慕うようになります。

【スカーレット10月3日】草間「子どもだからといってああいう態度はいけないよ」

草間流柔道 本当の強さ、やさしさとは

喜美子は、川原家にやってきた借金取りを投げ飛ばした草間の柔道技をすっかり気に入り、草間に柔道を習うことになります。

草間が教える柔道は、勝った負けたではなく、人間にとって本当のやさしさや強さとは何かを追い求めていくもの。培った技は自らの力を誇示するためにではなく、自らの身の危険を守るため、そして誰かを助けるためにこそ使うべきだと考えます。

そして他人を敬う気持ち、身の回りを整える習慣、礼に始まり礼に終わる柔道精神を何よりも大切にします。

喜美子はこの「草間流柔道」の精神を支えにして、波乱万丈の人生を進んでいくのです。

また、草間は喜美子の人生の節目に姿を現し、喜美子の生き方を導く役割もしていきますので、二人の関係性にも注目です。

神山清子さん 婦人警官に憧れて柔道を習う

ヒロイン喜美子のモチーフとなっている陶芸家・神山清子さんは、小学生の頃に正義感あふれる婦人警官に憧れていたそうです。

そのため、清子さんは護身術を兼ねて警察官に柔道を習っていたそうで、幼き日の鍛錬が強い肉体と精神力を作り上げたといえるでしょう。

弟と二人で稽古をしていたため、家の襖は破れ、障子のサンはいつも折れていたそうです。また、中学生の時には暴れる父を一本背負いで投げ飛ばしたという豪快なエピソードも持ちます。

絵と柔道と婦人警官と…生かされる設定

絵と柔道が大好きだったという幼き日のお転婆娘・清子さんの姿は、そのまま喜美子のキャラクター設定に活かされています。

一方で、柔道を教えてくれた警察官の存在は「謎の男・草間」へと改変・創作されており、彼によってもたらされた「草間流柔道」の心得が、困難続きの喜美子の人生を支えていくことになります。

なお、「婦人警官に憧れていた」という清子さんの設定は、親友役である熊谷照子(大島優子)に受け継がれています。照子は、当時の女子たちの間でデパートガールと同じくらいに人気だった婦人警官になりたいと憧れますが、丸熊陶業の跡取り娘という宿命を背負っており、父・秀男(阪田マサノブ)との間に葛藤が生まれていきそうです。

▼草間とその妻・里子の間には、何らかの事情がありそう…。
【スカーレット】草間の妻・里子 女優の行平あい佳が演じる

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑