【スカーレット】元格闘家・武蔵が出演 借金取り・本木役

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「スカーレット」に、元格闘家の武蔵が出演します。

この記事では、武蔵が演じる借金取り・本木の役柄、武蔵の俳優としての活動経歴などについてまとめます。

借金取りの本木

武蔵が登場するのは、第1週のラストシーン(第6回)からとなりそうです。

父・常治が不在の川原家に、突然イカツイ借金取りの男、工藤(福田転球)と本木(武蔵)がやってきます。男たちは川原家に居座ると、工藤は風呂に入り、本木は酒を呑みはじめ、川原家で好き放題にふんぞり返ります。

この借金取り騒動の顛末はドラマを見てのお楽しみとなりますが、武蔵演じる本木が柔道の使い手である草間宗一郎(佐藤隆太)に投げ飛ばされるシーンが登場するらしいとのことで、楽しみです。

【スカーレット】昭和22年の物価 草間が建て替えた千円、常治が受け取らなかった20円
【スカーレット】借金取りの男・工藤 俳優・福田転球が演じる

格闘家・武蔵 引退後はタレント活動

武蔵(本名・森昭生)は、大阪府堺市生まれの46歳。かつてK-1ファイターとして「日本最強の男」と呼ばれ、日本を代表する格闘家として活躍を続けました。

正道会館で空手を学んだ武蔵は、1995年9月に「K-1・ヘビー級」でプロデビュー。翌1996年のヘビー級トーナメントでいきなりベスト4に進出して注目を浴び、「K-1 JAPAN GP」で4度の優勝(1999、2000、2002、2003年)、「K-1 WORLD GP」では2度の準優勝(2003、2004年)に輝くなど、輝かしい戦績を残しています。

穴子さん、仮面ライダーコーカサス

2009年9月に現役を引退し、その後はタレント、俳優活動などを行っています。バラエティ番組にたびたび登場していますね。

テレビドラマ「サザエさん3,4」(2011年・フジテレビ・観月ありさ版)ではたびたび類似説が流れている「穴子さん」役を演じたほか、NHK BS時代劇「一路」(2015年)では槍持の兄弟・丁太役で男臭い演技を見せています。

また、映画「20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗」(2009年)では厳道館師範代・大垣役、「ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE」ではグリフォン大佐役を演じています。

NHK連続テレビ小説は初出演。ちょい役ではありますが、豪快な投げられっぷりを見せてくれそうです。

▼2006年の映画「劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE」では、黒崎一誠 / 仮面ライダーコーカサス(声)という重要な役どころを演じています。

▼GALNERYUS 「絆」のオフィシャルミュージックビデオに出演している武蔵。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑