【スカーレット】下着デザイナー・荒木さだ 演じる女優は羽野晶紀

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「スカーレット」に登場する下宿「荒木荘」の女主人・荒木さだについてまとめます。

荒木さだを演じるのは、女優の羽野晶紀(はの・あき)です。

「荒木荘」主人、下着デザイナー・荒木さだ

信楽での就職に頓挫した15歳の喜美子が女中として働くことになる、大阪市内の下宿「荒木荘」。荒木さだはこの「荒木荘」の女主人であり、喜美子の遠い親戚にあたります。

さだは、個性的なファッションに身を包み考え方も進歩的ですが、お嬢様育ちの一面も持っているとか。戦後にいち早くブラジャーなどの女性下着をデザインする会社「荒木商事」を立ち上げており、喜美子にとって「働く女」の見本の一人となっていきそうです。

「荒木荘」に関わる役柄には羽野晶紀をはじめ、三林京子、溝端淳平ら関西出身の実力派俳優が揃います。流暢な関西弁での会話のやり取りが、大阪編を盛り上げていきそうです。

【スカーレット】荒木さだと荒木商事 モデルはあの人、あの会社?

「劇団☆新感線」出身 女優・羽野晶紀

荒木さだを演じるのは、京都府宇治市出身の51歳の女優・羽野晶紀です。

大阪芸術大学芸術学部(舞台芸術学科)在学中に朝日放送「ナイトinナイト」に出演し特異なキャラクターでいじられ役になったほか、「劇団☆新感線」(もともとは大阪芸術大学舞台芸術学科の学生が中心となり旗揚げされた劇団)に所属。同劇団の舞台に多数出演しています。

「劇団☆新感線」では渡辺いっけい、筧利夫、古田新太ら今や売れっ子となった俳優たちと同時期に在籍をしています。

「浪花のキョンキョン」人気タレントに

小劇場ブームなどもあり、関西で個性派タレントとしてテレビで人気を得ると(古田新太いわく、「浪花のキョンキョン」)、1992年にはフジテレビ「笑っていいとも!」にレギュラー出演。その他全国放送の番組にもたびたび出演し、機転の効く立ち振舞などもあり、広く知られる存在になっていきます。

また、ドラマ「恋も2度目なら」(1995年・日本テレビ)における明石家さんまの愛人役、「奇跡のロマンス」(1996年・日本テレビ)の主人公(赤井英和)の妹役など、女優としても人気ドラマに多数出演しています。

和泉元彌との結婚 離婚騒動でワイドショーネタに

羽野晶紀にとって大きな転機となったのは、2002年の狂言師・和泉元彌との結婚でした。

結婚を機に芸能活動を休止し、二人の子供を出産。2007年に和泉元彌との別居・離婚騒動が勃発すると、和泉家サイドと羽野晶紀側の言い分を連日のようにワイドショーが取り上げ、時の人となっています。強烈なキャラクターを持つ義母・和泉節子との関係も随分注目されましたね。

結局二人は離婚はせず、現在も夫婦関係は継続されています。インスタを見る限り、二人は仲が良さそうですが…。

芸能活動を再開

一連の騒動の後、羽野晶紀は東宝芸能に所属すると、少しずつ芸能活動を再開していきます。

タレントとして「2時っチャオ!」月曜日コメンテーター(2008年~2009年)、読売テレビ夕方の情報番組「かんさい情報ネットten.」金曜レギュラー(2009年〜2013年)、NHK「おしゃれ工房」(2009年〜2010年)などに出演したほか、女優としてNHK BSドラマ「黒い十人の黒木瞳(第3弾)」、映画「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」(2014年)などにも出演しています。

NHK朝ドラは1990年の「京、ふたり」(NHK大阪以来)に出演しています。「スカーレット」で演じる荒木さだ役は、青春期のヒロインに影響を与える重要な役柄であり、羽野晶紀にも注目が集まりそうです。

関連記事
【スカーレット】出演俳優、女優 キャストまとめ(2019年5月時点)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑