【スカーレット】ヒロイン・喜美子と戸田恵梨香の性格は?

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「スカーレット」のヒロインの性格、特徴をまとめます。

また、ヒロインを演じる女優・戸田恵梨香の伝えられている性格もまとめます。

しっかり者のヒロイン・川原喜美子

川原家三姉妹の長女として生まれた喜美子。「ダメおやじ」である父・常治(北村一輝)とお嬢様育ちで病弱な母・マツ(富田靖子)を見て育った影響もあり、喜美子は貧しい一家を支える働き者の女の子に育っています。また、年上の男子と対等にケンカしたり父に言い返したりと、気が強い面もあります。

幼い頃から好奇心旺盛で、絵を描くことが大好きだった喜美子。家が貧乏で給食費すら払えなくなると、自らの絵を売ってお金を稼ごうと目論むなど、自立心を持ち大人たちの様子を見て学びとり、自ら行動する力を持っています。

楽天的、情が深い 両親の気質を受け継ぐ

喜美子の性格は、父と母の良い面を受け継いでいます。

明るく楽天的、そして困っている人を見ると助けずには居られないお節介ぶりは父譲り。そして愛情の深さや粘り強くやり遂げる力は母親譲りであり、こうした喜美子生来の性格が、陶芸家という困難な道を歩むことになる喜美子の人生を支えていきます。

細かいことにこだわらず、お人よしな性格で周囲からも頼られる姉御肌…。粘り強く周囲の人や陶芸と向き合っていく喜美子の生き方が、信楽の陶芸を変えていくことになりそうです。

▼女性が窯場に入ると「穢れる」とまで言われた、当時の陶芸の世界。男ばかりの世界に飛び込むヒロインの「強さ」を育む人格形成期が、ドラマ序盤(信楽、大阪)で描かれていきます。

戸田恵梨香の性格は…男前、気が強い?

さて。喜美子を演じる女優・戸田恵梨香の性格ですが、男前で正義感がある、そして気が強いなどという話が伝わってきますね。

例えば、「コード・ブルー」で共演した浅利陽介が「先輩俳優に頭を叩かれながら長時間説教されている姿」を見た戸田恵梨香は、この先輩俳優に対してブチ切れ、浅利陽介をその場から助け出したとのこと。

2018年に出演したバラエティ番組「しゃべくり007」でも、戸田恵梨香の「男前」ぶりが伝えられています。

それによれば、クランクアップ時には内心では花束ではなくお酒が欲しいと思っていた、穴が空いている服を平気で着る、インスタの投稿では可愛い写真をアップする気がまったくない…など、男前というかオヤジ的というか、そんなおおらかな彼女の素顔が紹介されました。

幼少期には阪神大震災を経験

また、6歳の時に地元・神戸で阪神大震災を経験し、父がやっていた少林寺拳法の道場が倒壊。親しくしていた近所の方も亡くなってしまうという辛い体験もしており、どこか肝が座った彼女の佇まいも、そうした過去が影響しているのかも知れません。

もちろん、女優さんですからどこまでが本当の姿かはわかりませんが、一般的に持たれている「男前」「気が強そう」といった戸田恵梨香のイメージは、しっかり者で姉御肌、そして波乱万丈の人生を生きるヒロイン・川原喜美子の性格と近いものがあるのかも知れません。

▼まったくキラキラ感を感じない戸田恵梨香のインスタアカウント(toda_erika.official)。外面を着飾ることよりも、内面にある想いを誠実に伝える、そんな彼女の実直さが垣間見えます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑