【スカーレット】サブタイトル(週タイトル)と週間視聴率まとめ

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「スカーレット」の各週のサブタイトル(週タイトル)、週間平均視聴率(関東地区。ビデオリサーチ調べ)、簡単なストーリーをまとめます。

この記事は随時更新していく予定です。

第1週「はじめまして信楽(しがらき)」…19.8%

ヒロイン一家が信楽にやってくる。照子や信作、草間など多くの人と出会うことになる喜美子。

第2週「意地と誇りの旅立ち」…20.2%

喜美子は信楽の生活にも慣れ、「草間流柔道」を習い始める。それから5年が経ち、15歳になった喜美子は丸熊陶業に就職が決まるが…。

第3週「ビバ!大阪新生活」…19.7%

「荒木荘」で働くために大阪に出てきた喜美子。下着デザイナー・荒木さだや、厳しい女中のプロフェッショナル・大久保のぶ子らと出会い、社会人として第一歩を歩み始める。

第4週「一人前になるまでは」…18.9%

たまたま訪ねた新聞社「デイリー大阪」から転職のお誘いを受けた喜美子は、好待遇に心が揺らぐが…。一方信楽ではとんでもない事件が起きており…。

第5週「ときめきは甘く苦く」…19.1%

あき子に恋をした圭介を応援する喜美子。しかし、心の奥底でチクっとした痛みを覚えて…。

第6週「自分で決めた道」…20.2%

母・マツが倒れたという報せを受けた喜美子。慌てて信楽に帰郷してみたものの…。

第7週「弟子にしてください!」…20.0%

丸熊陶業に入社した喜美子は、絵付師・深野心仙と出会うと弟子入りを志願。父・常治の反対の声を受けながら、絵付師になる道を模索する。

第8週「心ゆれる夏」…19.4%

21歳になった喜美子。絵付師の下っ端として認められ、火鉢の新デザインを任される。

第9週「火まつりの誓い」…19.5%

丸熊陶業の社長・秀男が急死し、会社が大きく変わり始める。師匠・深野が会社を辞めると知った喜美子は自らの身の振り方を悩み…。

第10週「好きという気持ち」…18.7%

八郎の真摯な作陶ぶりを目にした喜美子。その作業を見学させてもらううちに、八郎に対しての気持ちにも変化が…。

第11週「夢は一緒に」…19.1%

結婚の決意を固めた喜美子と八郎。しかし常治は二人の結婚を認めず、八郎は陶芸展の入賞を条件にして二人の結婚を認めてもらう条件を取り付け…。

第12週「幸せへの大きな一歩」…19.8%

陶芸展に向けて製作に打ち込む八郎と、それを支える喜美子。同時に大野家から請け負った珈琲茶碗づくりも行わなければならず…。

第13週「愛いっぱいの器」…19.2%

八郎と結婚し、二人で「かわはら工房」を立ち上げた喜美子。長男・武志を育てながら幸福な日々を過ごしていたが、父・常治の病状が日に日に悪化していき…。

第14週「新しい風が吹いて」…?%

八郎は個展や注文製作の仕事で忙しい日々を過ごしているが、最近は満足できる作品が出来ずに焦りを感じている様子。そんな折、若い女性・松永三津が弟子入りを志願してきて…。

第15週「優しさが交差して」…?%

新しい作品作りに苦しむ八郎に対し、個展の中止を提案する喜美子。その一方で、三津と八郎の親密さは増して行く。百合子と信作は結婚を決意し、川原家への挨拶を計画する。

第16週「熱くなる瞬間」…?%

個展の下見のために八郎が東京へ行っている間、信楽では喜美子、照子、信作の三人が集まり、久しぶりに幼なじみ三人で一晩を過ごすことに。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑