【スカーレット】陶芸教室の最初の生徒・岬小百合 女優・辻凪子は「わろてんか」「まんぷく」にも出演

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「スカーレット」3月3日(水)に、女優の辻凪子が出演しました。

辻凪子が演じた役柄(岬小百合役)や、辻凪子の過去の朝ドラ出演作品などをまとめます。

陶芸教室最初の生徒・岬小百合

岬小百合は、信作の依頼で喜美子が開催した観光客向け一日陶芸教室に参加した「第1号の生徒」です。

当初予定していた参加者にドタキャンを食らってしまった喜美子ですが、小百合が飛び入りで参加してくれたおかげで、陶芸教室開催に手応えを感じることになります。

小百合は、展示会で喜美子の作品を見て以来すっかりファンになってしまったというOL。喜美子に会うため、そして色々な信楽焼を見るために信楽に足を運んだそうです(小百合が書いたアンケートより)。

仕事が辛く、水曜日の朝には会社に行きたくなくなるという小百合。陶芸教室に参加したことで、彼女の生活にも変化が起こりそうです。そして作品と向き合う時間ばかりだった喜美子も、「陶芸を通して人とつながる」という新しい可能性を見出していきそうです。

女優・辻凪子

OL・岬小百合を演じたのは、大阪府出身の24歳の女優・辻凪子(つじ・なぎこ)です。京都造形芸術大学(映画学科俳優コース)在学中からインディーズ映画に多数出演し、監督も務めるなど関西のインディーズ映画界隈では知られた女優さんでした。

京都造形芸術大学・映画学科俳優コースといえば、黒木華、土村芳、大西礼芳らNHK朝ドラでもおなじみの女優を輩出した名門として知られますね。

阪元裕吾・辻凪子による共同監督作品で辻凪子主演の映画「ぱん。」は、「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭・インターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門」でグランプリ、「韓国・プチョン国際ファンタスティック映画祭」で審査員特別賞を受賞。

また、辻凪子主演の映画 「温泉しかばね芸者」も、「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」で審査員特別賞を受賞。

劇団間座、劇団コケコッコーにも所属し、多数の舞台作品にも出演しています。

朝ドラは5作品目の出演

辻凪子といえば、複数の朝ドラ作品に出演していることでも知られます。以下、これまで出演した4作品をピックアップします。

「べっぴんさん・第58回」(2016年)…大急百貨店・キアリス支店の女性客役(大急支店オープン初期に「お弁当箱セット」を求め三歳の子供を連れて来店する女性客)

「わろてんか・第73回〜」(2017年)…小豆沢とわ役(ヒロインが島根・安来から大阪へ連れてきた「安来節乙女組」の一人。歌も踊りも得意ではない落ちこぼれで、どじょう鍋を食べてホームシックになる)

「まんぷく・第108回」(2019年)…松岡恵子役(ヒロインの姪・吉乃の会社の友人。仲良し三人組で屋台のラーメンを食べ、男談義に花を咲かせる)

「なつぞら・第120回」(2019年)…東洋動画の社員役(妊娠したなつが契約社員に格下げされないように、社員一同が社長室に乱入直訴したシーンで登場)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑