【スカーレット】辻本茂雄が登場 デイリー大阪編集長・平田昭三役

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「スカーレット」に吉本興業所属のお笑いタレント・辻本茂雄が出演します。

この記事では、辻本茂雄が演じる役柄、過去のドラマ出演歴などをまとめます。

デイリー大阪編集長・平田昭三

辻本茂雄が登場するのは、第4週からとなりそう。

この週の放送では、ヒロインの喜美子(戸田恵梨香)が荒木荘の住人・ちや子(水野美紀)の勤務先である夕刊専門紙「デイリー大阪」のオフィスを訪ねることになります。

辻本茂雄が演じる編集長・平田昭三はちや子の信頼する上司であり、通称はヒラさん。平田は喜美子が見せた掃除や片付けなどの仕事ぶりを見て気に入り、デイリー大阪の雑用係として引き抜こうとします。

吉本新喜劇元座長・辻本茂雄

辻本茂雄(つじもと・しげお)は大阪府阪南市出身の54歳。

吉本新喜劇で20年に渡り(1999年〜2019年)座長を務めるなど、同劇団の主力演者として長年活躍を続けています。吉本新喜劇ではハチャメチャに舞台をかき乱す老人「茂造」やお人好しのヤクザ役などのキャラクターで知られ、登場時には大きな歓声があがる人気演者です。

また、NHK「バラエティー生活笑百科」や関西テレビ「快傑えみちゃんねる」などのバラエティ番組でも機転の効くトークを見せており、お笑いタレントとしても広く活躍しています。

2004年には「第33回上方お笑い大賞大賞」を受賞。1997年頃に一度は東京進出をしていますが、「あまりに大阪の匂いがきつすぎる」という上層部の判断もあり、その後大阪に戻っています。いい意味で「大阪らしい芸人」と言えるでしょう。

「ありがとう、オカン」「あさが来た」

俳優としてもいくつかの映画、テレビドラマに出演しています。

映画「難波金融伝ミナミの帝王劇場版partIII」(1994年)、「どケチ・ピーやん物語(シネマワイズ新喜劇)」(1996年)、「おばちゃんチップス」(2007年)に出演したほか、テレビドラマ「運命の出会い"サラブレッドにかけた夢"」(関西テレビ)、「京都迷宮案内シリーズ」(テレビ朝日)、「ありがとう、オカン」(関西テレビ)などに出演。

2016年のNHK連続テレビ小説「あさが来た」では、元大蔵省の役人で加野屋の銀行経営に大きく貢献することになる山崎平十郎役を演じており、3年ぶりの朝ドラ出演となります。

「スカーレット」出演のお笑い芸人、落語家、コメディアンまとめ
【スカーレット】村上ショージが出演 陶工・慶乃川役
【スカーレット】照子の母・熊谷和歌子役 未知やすえが演じる
【スカーレット】オール阪神がレギュラー出演 「歌える喫茶さえずり」マスター

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑