【シャーロック・7話】子役・山城琉飛が出演 羽佐間虎夫、獅子雄の少年時代役

スポンサードリンク

フジテレビ系月9ドラマ「シャーロック」第7話(11月18日放送)に登場する子役・山城琉飛(やましろ・るいと)についてまとめます。

山城琉飛は、獅子雄に「祖父誘拐事件」の解決依頼を持ち込む少年・羽佐間虎夫役、そして獅子雄の少年時代役の二役を演じます。

依頼主の少年・虎夫

第7話は、行方不明になった祖父・寅二郎(伊武雅刀)を探す少年・羽佐間虎夫(山城琉飛)が物語を動かしていきます。

虎夫は河川敷で祖父が持ち歩いていた小袋を発見しており、これを持って獅子雄に祖父探しを依頼しますが、興味がない獅子雄はこれを真面目に取り合おうとしません。

しかし、小袋の中身を確認した獅子雄は寅二郎が只者ではない「危険人物」だと察すると、俄然ヤル気を見せ現場へと急行することになります。

果たして寅二郎は何者なのか、そして山城琉飛が演じるという二役「虎夫」「獅子雄(少年)」がどのようにストーリーとつながるのか、注目されます。

▼2018年のフジテレビ木曜劇場「モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-」では、高杉真宙演じる守尾信一朗の幼少期役を演じ、ディーン・フジオカ(主演)と共演をしている山城琉飛。

子役・山城琉飛「モンテ・クリスト伯」「半分、青い。」

▼「モンテ・クリスト伯」出演時の過去ツイートより(※アカウント名は「シャーロック」となっています)。

物語を大きく動かしていきそうな少年・虎夫、そして獅子雄の少年時代を演じるのは、クラージュキッズ(Courage Kids)という事務所に所属する9歳の子役・山城琉飛(やましろ・るいと)です。

前述の「モンテ・クリスト伯」のほか、ドラマ「絶対零度 未然犯罪潜入捜査」(フジテレビ・ユキオ役)、「中学聖日記」(TBS・岩永悠斗役)、「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ・相楽一臣の幼少期役)、「ストロベリーナイト・サーガ」(フジテレビ・三島耕介の幼少期役)、「4分間のマリーゴールド」(TBS・みことの幼少期役)などの人気ドラマに子役として次々と出演。可愛らしさと演技力で人気の子役となっています。

2018年のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「半分、青い。」では、ヒロインの恋のお相手・萩尾律(佐藤健)の息子・萩尾翼役で出演。両親が不仲となっている中で明るくふるまい、カメラマンになるのが夢だという少年・翼役を可愛らしく演じていました。

また、すき家・すきすきセットのCMシリーズや、山崎製パン「おいしいパンにはチカラがある」篇、エバラ食品工業「黄金の味 甘口豚焼肉」篇などのCMへの出演でも知られます。

▼「半分、青い。」で共演した谷原章介、山崎莉里那(子役)と。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑