【シャーロック・第2話】三浦透子がゲスト出演 山下佐和子役

スポンサードリンク

フジテレビ系月9ドラマ「シャーロック」に三浦透子がゲスト出演します。

三浦透子が演じる役柄、それに女優、歌手として活躍する三浦透子のプロフィールなどをまとめます。

藍子の元依頼主・山下佐和子

「シャーロック」第2話は、「身代わり遺体」をめぐるミステリーが展開されます。「魅力的なホトケ」だと言われて捜査に乗り出した誉獅子雄(ディーン・フジオカ)は、新宿駅の人身事故の遺体の身元とされた女性「高橋博美」を調べるうちに、かつて「高橋博美」を弁護した経験がある敏腕人権派弁護士・青木藍子(菅野美穂)の存在に辿り着きます。

三浦透子演じる山下佐和子は、この藍子の元クライアントだった女性です。都会の闇で寂しく生きる女性だという山下佐和子が、新宿駅で起きた事故とどのようにつながっていくのか、楽しみです。


[PR]

 

元子役、なっちゃん 女優・三浦透子

第2話の事件解決の鍵を握りそうな女性・山下佐和子を演じるのは、北海道札幌市出身の22歳・三浦透子(みうら・とうこ)です。

三浦透子は、6歳の時に3000人のオーディションを勝ち抜きサントリーCM「なっちゃん」の2代目マスコットに選ばれ、芸能活動を始めています(2002年)。「なっちゃん」といえば初代を田中麗奈、3代目を星井七瀬、4代目を堀北真希が務めるなど、売れっ子女優への登竜門として知られるCMキャラクターですね。

同年のドラマ「天才柳沢教授の生活」(フジテレビ)にレギュラー出演すると、ドラマ「チョコミミ」(2007年・テレビ東京)、「嵐がくれたもの」(2009年・フジテレビ)、「鈴木先生」(2011年・テレビ東京)などにも出演。演技力と存在感で子役時代から高い評価を得ています。

▼井上苑子、大関れいか、真山朔、三浦透子の四人の女優が主演を務めた青春映画「私たちのハァハァ」(2015年)。北九州から大好きなロックバンドを見るために自転車に乗り、大都会東京を目指す四人の女の子の物語。

▼映画「素敵なダイナマイトスキャンダル」にも笛子役で出演。同作のキャッチコピーは「数奇な運命を背負った雑誌編集長の《笑いと狂乱》の青春グラフィティ」。

「声」が大きな武器に 歌手・三浦透子

2014年のライオンのCM内で歌を口ずさむシーンを演じたところ、CM監督のタナダユキに声を絶賛され、これをキッカケとして歌手としての活動も開始しています。

2015年に第一三共ヘルスケアのCMソング「おかあさんへ」、映画「ロマンス」のエンディングテーマ「Romance ~サヨナラだけがロマンス~」を歌うと、2017年にはアルバム「かくしてわたしは、透明からはじめることにした」を発売。名前どおり「透明な歌声」が人々を魅了しています。

三浦透子の美声は、2019年の大きな仕事にも繋がっています。新海誠監督の新作アニメ映画「天気の子」(2019年)では、劇中音楽担当のRADWIMPS・野田洋次郎により主題歌(「祝祭(Movie edit) feat.三浦透子」、「グランドエスケープ(Movie edit) feat.三浦透子」)のボーカルに大抜擢。世界的ヒットとなった「君の名は。」に続く新海作品だっただけに「天気の子」への注目度は高く、ボーカルを担当した三浦透子も大きな話題となっています。

芸歴が長くすでに風格を感じる三浦透子ですが、まだ22歳の若さ。今後、歌手として女優として、大きな活躍が期待されています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑