NHK夜ドラ「卒業タイムリミット」第1週のあらすじ

NHK夜ドラ「卒業タイムリミット」第1週の大まかなあらすじをまとめます。

人気の英語教師・水口が誘拐されたことをキッカケに、激動の青春ミステリーが幕を開けます。

スポンサーリンク

目次

週4話、計6週放送の帯ドラマ

2022年4月から放送が開始されるNHK夜ドラ「卒業タイムリミット」。毎週月曜から木曜まで毎日15分間ずつ(週に4話)、全6週に渡り放送が行われます。

▼気鋭の作家・辻堂ゆめ氏のミステリー小説が原作となっています。読みやすい作品であり、ドラマをより深く楽しみたい方にオススメです。

楽天Kobo電子書籍ストア
¥825 (2022/04/01 21:50時点 | 楽天市場調べ)

「卒業タイムリミット」第1週あらすじ

第1話 人気教師が消えた!謎の挑戦状

卒業を3日後に控えた朝、高校生・黒川良樹(井上祐貴)のもとに差出人不明の「挑戦状」が届きます。その内容は、「水口里紗子誘拐の謎を解け」「真相は君たちにしかわからない」という謎だらけのもの。

この「挑戦状」は、黒川の同級生で幼なじみである学年一の秀才・高畑あやね(桜田ひより)、スポーツ万能の陽キャラ・荻生田隼平(西山潤)、学内で人気の美少女・小松澪(紺野彩夏)にも届いていたようです。さっそく添付されたQRコードを読み取ると、学校の人気英語教師・水口里紗子(滝沢カレン)が監禁されているショッキングな映像が流れます。

指定された謎解きのタイムリミットは、卒業までの72時間。性格も考え方もバラバラな4人が水口の救出に向けてタッグを組み…。

学校内で「不良」と恐れられ、孤立気味だった主人公・黒川良樹。たまたま同じ「挑戦状」を受け取ったことをキッカケに、性格も趣味嗜好もバラバラな高畑、荻生田、小松らと出会い、行動をともにしていきます。幼なじみである主人公・黒川とヒロイン・高畑の微妙な関係性にも注目です。

第2話 先生たちが怪しい!?

水口の救出に向けて動き出した4人は、さっそく事件を警察に通報します。ところが、警察官の市原(森田甘路)や梶浦(足立梨花)はなぜか取り合ってくれません。

おまけに、職員室では校長の柿本(峯村リエ)が教師たちに対し水口誘拐事件を口封じ。体育教師の野上(池内万作)も明らかに怪しい挙動を見せるなど、不穏な空気が見られます。

第2話では、何やら裏がありそうな教師、警官など、「怪しい大人たち」が次々に登場していきます。まだまだ未熟である良樹たちにとって、どの大人が信用に値するのかを見極めていくことが今後重要になっていきます。

第3話 伊藤先生が味方に

ようやく事件の捜査が始まったものの、警官の市原と梶浦はなぜか通報した生徒たちにばかり関心を向けていきます。校長の柿本も水口の居場所について「職員室におります」と嘘の証言をするなど、周囲の大人たちはどうにも信用できません。

黒川は学校内の情報を手に入れるため、最も信頼をおいている担任の教師・伊藤(中尾明慶)に協力を求めることに。伊藤や音楽教師の宇部(木村達成)らは、体育教師・野上に対し疑いの眼を向け始めているようです。

そんな矢先、再び動画の配信がスタートすると、黒川はその映像からある衝撃的な事実を見つけ出すことになります。

良樹たちの大きな味方になってくれそうなのが、担任で数学教師の伊藤倫太郎先生です。伊藤は、不良の一味と見られ不登校状態にあった良樹を根気よく学校に連れ出し、卒業へと導いてくれた真面目な人物。校長の目をかいくぐり、学校の内部情報を黒川に提供していきます。

第4話 一枚岩ではない?4人の心の中

水口の監禁映像はリアルタイムであるという事実に気が付いた黒川たち。伊藤を介して、校長が教師たちに話したという水口失踪当日の朝の様子を知ることになります。

伊藤の指示により一時解散して家路につくことになると、黒川はがんで入院中の母・由美子(仙道敦子)のもとへと向かいます。由美子は女手ひとつで黒川を育てた苦労人で、親子の絆は強いようです。

4人はグループチャットを通して連帯感を強めていきますが、実はそれぞれ水口に対して様々な思いを抱えているらしく…。

事件の真相を追う中で結束していく4人ですが、それぞれに秘密を抱えています。彼らの心の内が見え始める中で、次第に「水口の別の顔」が浮かび上がっていきそうです。才能や容姿に恵まれて学内では何かと目立つ4人。彼らの心の本性が事件とどう関わっていくのか、来週以降の展開が注目されます。

スポンサーリンク

▼NHKオンデマンドをU-NEXT無料トライアルでお試し!

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる