NHKドラマ「タリオ 復讐代行の2人」第4話 依頼人のOL・杉本涼子 女優・穂志もえかが演じる

スポンサードリンク

NHKドラマ10「タリオ  復讐代行の2人」第4話に登場する依頼人のOL・杉本涼子の人物像をまとめます。

杉本涼子を演じるのは、女優の穂志もえか(ほし・もえか)です。

今回の依頼主は「パパ活」OL

「タリオ  復讐代行の2人」は、白沢真実(浜辺美波)と黒岩賢介(岡田将生)のコンビが依頼人にかわって復讐を決行する復讐エンターテインメント。

第4話に登場する復讐依頼人は、生活のために「パパ活」を行ったものの、男にひどい目に合わされたというOL・杉本涼子(穂志もえか)です。

涼子は学生時代に抱えた奨学金の借金600万円の返済のために「パパ活」に手を染めますが、そこで初めて会った男(堀部圭亮)とデートを重ねるうちに、男に恋愛感情を抱いたといいます。

ところが男はデート中に涼子の財布、カバンを持ち去るとそのまま行方をくらませ、電話もメールもブロック。泣き寝入り状態だった涼子は気持ちを弄ばれた男に仕返しがしたいと、真実のもとに駆け込みます。

ミスiDグランプリ 女優・穂志もえか

OL・杉本涼子を演じるのは、千葉県出身、上智大学文学部卒業の25歳の女優・穂志もえか(旧芸名・保紫萌香)です。

上智大学在学中から「上智大学美女図鑑」のモデルとして学内ポスターに登場するなど、その美人ぶりが目立っていた穂志もえか。

女優を目指し講談社主催の「ミスiD2016」に応募すると、約4000人の中からグランプリに選ばれ、大学在学中から本格的に芸能活動を開始しています。

ドラマ「100万円の女たち」(2017年・テレビ東京・ほたる役)、「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」(2017年・MBS・魑魅魍魎千夏役)などに出演すると、2018年の映画「少女邂逅」では主演・小原ミユリ役に抜擢。

2019年には、フジテレビの月9ドラマ「ラジエーションハウス」にユウカ役でゲスト出演したほか、フジテレビ木曜劇場「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」では急性骨髄性白血病で入退院を繰り返す患者・簑島心春役でレギュラー出演。女優として着々とキャリアを重ねています。

また、2020年には岩井俊二監督作品映画「8日で死んだ怪獣の12日の物語」に出演したほか、2021年春に公開予定の映画「街の上で」では物語のヒロイン・川瀬雪役を演じており、今後の飛躍がますます期待される女優です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑