日曜劇場「天国と地獄」鑑識課・新田将吾(のびーる新田) 俳優・林泰文が演じる

TBS日曜劇場「天国と地獄 〜サイコな2人〜」に登場する、警視庁鑑識課の新田将吾(にった・しょうご)についてまとめます。新田将吾を演じるのは、映画「青春デンデケデケデケ」の主演などで知られる俳優・林泰文(はやし・やすふみ)です。

語尾が伸びる鑑識官「のびーる新田」

新田将吾は、警視庁の刑事部鑑識課で働く腕のいい中年鑑識官。凶悪事件の遺留品を科学的に分析し、犯人逮捕の手がかりを導き出す大切な役割を担っています。

彩子や河原ら捜査一課の刑事にたびたび重要情報をもたらす新田。語尾がやたら伸びるユルイ話し方が特徴的であり、彩子と八巻は新田のことを「のびーる新田」のあだ名で呼んでいます。

俳優・林泰文

鑑識官・新田を演じるのは、東京都出身の49歳の俳優・林泰文(はやし・やすふみ)です。

1970年代から子役としてテレビドラマなどで活躍すると、1986年には大林宣彦監督作品映画「野ゆき山ゆき海べゆき」に準主役級で出演。映画「漂流教室」(1987年・主演 高松翔役)、「異人たちとの夏」(1988年・原田重樹役)、「北京的西瓜」(1989年・堀越とおる役)など、大林宣彦作品に続けて出演をしています。

1992年には、こちらも大林宣彦による映画「青春デンデケデケデケ」の主役・藤原竹良役に抜擢。同作品での演技が評価され、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。

翌1993年にはNHK朝ドラ「かりん」にヒロインの同級生・花山信太役でレギュラー出演するなど、この頃には俳優としての地位を確立。以降、長年に渡り多数の映像作品に出演を続けています。

近年ではドラマ「JIN-仁-」(2009年〜・TBS・久坂玄瑞役)、「天皇の料理番」(2015年・TBS・黒川正雄役)、「あなたの番です」(2019年・日本テレビ)、映画「容疑者Xの献身」(2008年・柿本純一役)、「ジェネラル・ルージュの凱旋」(2009年・小峰小太郎役)、「オカンの嫁入り」(2010年・本橋信也役)などに出演。

他にもサスペンス物などに多数出演を繰り返し、一部で「林泰文出演の作品にハズレ無し」と言われるほどに安定した存在感を見せ続けています。綾瀬はるかとは2009年のドラマ「MR.BRAIN」などで共演しており、二人の絡みも楽しみです。

スポンサーリンク


PAGE TOP ↑