日曜劇場「天国と地獄」刑事・八巻英雄 俳優・溝端淳平が演じる

TBS系日曜劇場「天国と地獄 〜サイコな2人〜」で主人公の望月彩子とバディを組む後輩刑事・八巻英雄(やまき・ひでお)についてまとめます。

八巻英雄を演じるのは、NHK朝ドラ「スカーレット」にも出演した俳優・溝端淳平(みぞばた・じゅんぺい)です。

彩子のバディ「ゆとり八巻」 物語のキーパーソン

「天国と地獄 〜サイコな2人〜」は、女性刑事・望月彩子(綾瀬はるか)とサイコパスな殺人鬼・日高陽斗(高橋一生)の魂が入れ替わってしまうサスペンス作品です。

溝端淳平が演じる八巻英雄は、警視庁捜査一課で彩子とバディを組む後輩刑事です。※バディ=相棒のような意味。

彩子からは「ゆとり八巻」と呼ばれている現代っ子の八巻。普通であれば嫌がる雑務も楽ならばラッキーとばかりにこなすタイプであり、仕事に対し情熱は見られません。

毎日定時で帰りたがるなど緩い勤務ぶりを見せていた八巻でしたが、彩子と日高が入れ替わってしまうといち早く気が付きます。八巻は彩子を救うために奔走しますが、持ち前の「ゆとり」ぶりを発揮しミスを多発。彩子と日高、それに警察組織との間に挟まれ、右往左往していくことになります。

元ジュノン・スーパーボーイ 溝端淳平

溝端淳平は、和歌山県橋本市生まれの31歳の俳優。

2006年、第19回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリおよびボルテージ賞を受賞すると、芸能事務所からの勧誘が殺到したという逸材です。

▼ココリコ田中、西田尚美らと共演しているプロミスのCM。

「ウルルン」司会に抜擢 「花ざかりの君たちへ」

2007年、「世界ウルルン滞在記」の後継番組「世界ウルルン滞在記・ルネサンス」(TBS系)で徳光和夫、久本雅美とともに司会に大抜擢され注目を集めると、同年のフジテレビ系ドラマ「花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~」で嵯峨和真役を演じ、その端正な顔立ちが話題となっています。

翌2008年にはフジテレビ系ドラマ「ハチワンダイバー」で主役・菅田健太郎役に抜擢。同年の映画「DIVE!!」でも林遣都、池松壮亮とともに主役を演じています。

映画賞も複数受賞 演技に高い評価

2009年には映画「赤い糸」第33回日本アカデミー賞優秀新人賞を受賞したほか、2010年の主演映画「君が踊る、夏」では第20回日本映画批評家大賞新人男優賞、2013年出演の映画「黄金を抱いて翔べ」では第27回高崎映画祭最優秀助演男優賞を受賞するなど、その演技力は高く評価されています。

また、テレビドラマも「ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~」(2009年・フジテレビ系)、「35歳の高校生」(2013年・日本テレビ系)、「失恋ショコラティエ」(2014年・フジテレビ系)などの人気作に出演。2016年に放送されたNHK BS時代劇「立花登青春手控え」では若き医師である主人公・立花登役を好演しており、同ドラマは第3シリーズ(2018年)まで製作される人気作となっています。

2019年放送のNHK連続テレビ小説「スカーレット」では、ヒロインの初恋の相手となる医学生・酒田圭介役を演じています。結局ヒロインの初恋は成就しませんでしたが、少し頼りない医学生役をコミカルかつ爽やかに好演しています。

▷溝端淳平はインスタグラムやTwitterはやっていないようですが、「溝端淳平オフィシャルウェブサイト」を開いています。

関連記事
日曜劇場「天国と地獄」八巻が彩子の入れ替わりに気がついた理由、経緯まとめ
「スカーレット」ヒロイン・喜美子の結婚相手候補は?イケメン俳優が続々出演
【スカーレット】出演俳優、女優 キャストまとめ(2019年5月時点)

スポンサーリンク


PAGE TOP ↑