【とと姉ちゃん】母・小橋君子 大橋鎭子の母・久子がモデル

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」に登場するヒロインの母・小橋君子(木村多江)という人物の概要、モデルとなっている実在の人物についてまとめます。

君子は東京・深川の材木問屋「青柳商店」の一人娘として育ちますが、夫となる竹蔵(西島秀俊)との結婚を巡り、実母・青柳滝子(大地真央)と絶縁状態になっています。

夫を亡くし、苦しい生活に

三人の女子(常子、鞠子、美子)に恵まれた君子は、真面目で家族思いな夫・竹蔵とともに、ささやかながらも日々の生活を大切にして、浜松の地で暮らしてきました。

元来のんびり屋でおっとりしている君子でしたが、竹蔵が肺結核に罹り亡くなると生活は一転。家系を支えるために浜松で奮闘することになります。

しかし、君子が外でたくましく働いた経験がないこともあり、やがて一家の生活は立ちゆかなくなり、東京の実母・滝子を頼ることになるのですがー。

大橋鎭子の母・久子

娘たちをいつも優しく見守る君子には、モデルとなっている人物が存在します。ヒロイン・小橋常子(高畑充希)のモデルである大橋鎭子の、母・久子がその人です。

久子は京都で生まれ、小樽の女学校を出た後に東京・本郷の女子美術学校に通っており、当時としては「お嬢様」。(※久子の父・満吉は新潟の油田を掘り当て、琵琶湖疎水の建設も働きかけたという実業家。早くに父・武雄を亡くした鎭子は、母方祖父・満吉に可愛がられて女学校にも行かせてもらっています。)

こうした育ちもあるのか、母・久子は音楽が好きで、刺繍や裁縫が大得意。娘の鎭子は、日々の生活を大切にする母を間近に見ながら育っていきます。

暮しの手帖の「おばあちゃん」

鎭子が雑誌「暮しの手帖」を立ち上げると、久子は本に載せるための小物や服を作り、料理や遊び道具の作り方など自身が持つ「生活の知恵」を惜しまずに提供し、時には編集部に手作りの料理を差し入れるなど、「暮しの手帖」を陰で支える存在となっていきます。仕事に厳しかった名物編集長・花森安治も、久子のことを「おばあちゃん」と呼んで親しんだとか。

久子は亡くなるまで「暮しの手帖」を本屋で自分のお金で購入していたそうで、雑誌づくりに没頭する娘たちを温かく見守る、優しく温かい母でした。

史実とは多少の違いも 材木問屋は夫の実家だった

大橋久子がモデルとなっている「とと姉ちゃん」の母・小橋君子ですが、材木問屋を営む東京・深川の実家「青柳商店」との確執など、ドラマオリジナルのストーリーも付加されます(※史実では、夫・武雄の方が深川の材木商の一人息子として育っています)。

こうした細かい設定の変更などはありますが、早くに夫を亡くし、残された娘たちを支えながらその人生に影響を与えていくという大筋では、モデル・久子の生きた人生を踏襲していきそうです。

関連記事
【とと姉ちゃん】母・君子が三姉妹に打ち明けた祖母・滝子との絶縁の過去
【とと姉ちゃん】東京深川「青柳商店」「森田屋」登場人物、キャスト
【とと姉ちゃん】父・小橋竹蔵(西島秀俊) モデルは大橋鎭子の父・武雄
【とと姉ちゃん】「あなたの暮し」のモデル雑誌は「暮しの手帖」

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑