【エール】華の恋のお相手?高校球児・竹中渉 俳優・伊藤あさひが演じる

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「エール」に登場する高校球児・竹中渉についてまとめます。

竹中渉は華が思いを寄せる相手になるとのことで、新進俳優・伊藤あさひの演技に期待が集まります。

甲子園を目指す高校球児・竹中渉

少女時代にはハーモニカ少年・弘哉(山時聡真)に初恋らしき感情?を見せていた華(根本真陽)。

戦争が終わり高校生になると、華(古川琴音)は全国高校野球選手権大会で甲子園出場を目指す球児・竹中渉に対し恋心を抱いていきます。

高校野球・甲子園といえば、裕一が後に作曲することになる全国高校野球選手権大会の大会歌「栄冠は君に輝く」が連想されます。恐らく華と渉との淡い恋、渉が見せる高校球児としての輝きなどをモチーフに、裕一が「栄冠は君に輝く」を完成させるのではないかと予想されます。

また、思春期から青年期にかけての華は、自分が何をやりたいのかわからず思い悩む時を過ごします。夢にひたむきに打ち込む竹中渉との交流が、華の人生に影響を与えていきそうです。

「ルパンレッド」俳優・伊藤あさひ

竹中渉役を演じるのは、東京都出身の20歳のイケメン俳優・伊藤あさひです。伊藤あさひ自身も特技に野球を挙げるほど打ち込んでいたとのことで、人生初だという丸刈り頭による高校球児役を熱演してくれそうです。

伊藤あさひは、サロンモデルをしていたところスカウトの目に留まり芸能界入り。2017年にドラマ「緊急取調室 シーズン2」(テレビ朝日系)の長谷部翔役で単発出演し、俳優デビューを飾っています。

2018年には東映制作の特撮テレビドラマ「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(テレビ朝日)の主役・夜野魁利 / ルパンレッド(声) 役に大抜擢。朝加圭一郎 / パトレン1号(声) 役でW主演を務めた結木滉星とともに、「正義のアウトロー VS 絶対のヒーロー」と銘打たれた戦隊ドラマを盛り上げています。

「高嶺と花」でイタリア人役も

2019年のドラマFODオリジナル配信ドラマ「高嶺と花」では、有名ブランドを手掛ける一族の御曹司・ルチアーノ役でレギュラー出演。おしゃれな服装を毎回披露するイタリア人の美青年という難しい役柄でしたが、持ち前の端正なルックスを武器に、さわやかに演じています。

その後もドラマ「4分間のマリーゴールド」(2019年・TBS)でイケメンの新人救命士・上田祐樹役を好演したほか、映画「私がモテてどうすんだ」では、主人公の同級生・七島希で出演。

朝ドラ初出演となる「エール」での活躍により、広くお茶の間に知られる俳優となっていきそうです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑