朝ドラ「エール」主要出演者、キャストまとめ(2020年3月時点)

スポンサードリンク

2020年春から放送されるNHK連続テレビ小説「エール」物語前半の主な登場人物、出演者・配役をまとめます。※2020年3月現在。

「エール」は作曲家の古関裕而氏とその妻・金子氏をモデルとした物語で、福島、豊橋、東京が主な舞台となります。

主人公夫婦

主役・古山裕一(窪田正孝)※子供時代:石田星空

福島の老舗呉服屋「喜多一(きたいち)」の跡取り息子。幼い頃から気弱でぼんやりした性格で、取り柄がないと周囲から思われていた。しかし、音楽を身近に感じる生活の中で作曲の才能を開花させると、やがて海外の作曲コンクールで上位入賞を果たす。

これをキッカケにして知り合った豊橋の歌手志望の女性・関内音と結婚すると、東京で夫婦二人三脚で様々なヒット曲を生み出していく。

裕一の妻・関内音(二階堂ふみ)※子供時代:清水香帆

愛知・豊橋市内で馬具の製造販売を行う関内家三姉妹の次女として生まれた音。将来はプロの歌手として舞台に立つことを夢見ていた音だが、ある日海外の作曲コンクールで上位入賞を果たした裕一のことを新聞で知ると、熱烈な手紙を送って文通を開始する。

裕一と結婚した音は、音楽大学に入学して本格的に歌を学ぶとともに、夫の才能に寄り添い叱咤激励。自らも歌手としての夢を追い求めていくことになる。良妻かと思いきや自分が世界の中心だと思っている、なかなかにエキセントリックな女性。

朝ドラ「エール」出演の子役まとめ

裕一の故郷・福島の人たち

古山家

裕一の父…古山三郎(唐沢寿明)
裕一の母…古山まさ(菊池桃子)
裕一の弟…古山浩二(佐久本宝)※子供時代:潤浩

「喜多一」従業員

番頭…大河原隆彦(菅原大吉)
店員…桑田博人(清水伸)
店員…及川志津雄(田中偉登)

権藤家(母方の実家)

裕一の伯父…権藤茂兵衛(風間杜夫)
裕一の祖父…権藤源蔵(森山周一郎)
裕一の祖母…権藤八重(三田和代)

福島の人々

裕一の幼なじみ…佐藤久志(山崎育三郎)※子供時代:山口太幹
裕一の幼なじみ…村野鉄男(中村蒼)※子供時代:込江大牙
裕一の恩師…藤堂清晴(森山直太朗)
ハーモニカ倶楽部指導者(川口覚)
鉄男の父…村野善治(山本浩司)

川俣の人々

川俣銀行支店長…落合吾郎(相島一之)
川俣銀行行員…鈴木廉平(松尾諭)
川俣銀行事務員…菊池昌子(堀内敬子)
川俣銀行行員…松坂寛太(望月歩)
ダンスホール踊り子…志津(堀田真由)

音の故郷・豊橋の人たち

関内家

音の父…関内安隆(光石研)
音の母…関内光子(薬師丸ひろ子)
音の姉…関内吟(松井玲奈)※子供時代:本間叶愛
音の妹…関内梅(森七菜)※子供時代:新津ちせ

音をとりまく人々

音の歌の先生…御手洗潔(古川雄大)
業者…打越金助(平田満)
馬具職人頭…岩城新平(吉原光夫)
世界的オペラ歌手…双浦環(柴咲コウ)

東京編の人たち

コロンブスレコードの人びと

ディレクター…廿日市誉(古田新太)
裕一と同期の作曲家…木枯正人(野田洋次郎)
秘書…杉山あかね(加弥乃)

喫茶バンブーの人びと

マスター…梶取保(野間口徹)
保の妻…梶取恵(仲里依紗)

その他東京の人びと

早大応援部団長…田中隆(三浦貴大)
音の音楽学校の同級生…夏目千鶴子(小南満佑子)
カフェーの女給…希穂子(入山法子)
歌手…山藤太郎(柿澤勇人)
歌手…藤丸(井上希美)
音楽家…小山田耕三(志村けん)

その他出演予定者

奥野瑛太、大津尋葵ほか

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑