【エール】幼少期の古山華 子役・田中乃愛が演じる【なつぞら・麒麟がくる にも出演】

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「エール」第13週から、古山家の長女・華が本格的に登場します。

古山華の幼少期を演じる子役・田中乃愛(たなか・のあ)の主な出演作、簡単なプロフィールなどをまとめます。

やんちゃ盛りの長女・華

第13週(6月22日〜)では、前週に生まれた裕一・音夫妻の娘・華が少女に成長。音はやんちゃ盛りの華の世話に追われ、忙しい日々を過ごしています。

華は母に似たのか、思ったことを無邪気に口にする性格のようです。久志や御手洗先生、バンブーの人たちなど個性的な大人たちに囲まれ、すくすくと育っていきそうです。

※昭和18年頃の少女期の華は子役の根本真陽が、青年期の華は女優・古川琴音が演じます。

【エール】少女期の古山華 子役・根本真陽が演じる【花子とアン・弟の夫・不惑のスクラム】
【エール】裕一の長女・古山華(青年期) 女優・古川琴音が演じる

子役・田中乃愛

長女・華を演じるのは、芸能事務所「セントラル」に所属する子役・田中乃愛です(2013年7月9日生まれの6歳)。

ベネッセコーポレーションの通信教育講座「こどもチャレンジ」のモデルをはじめ、講談社(おともだち)、アサヒ飲料(からだ十六茶)、日本マクドナルド(ハッピーセットすみっコぐらし)のCMに出演するなど、幼少期から芸能活動を行っています。

「過保護のカホコ」「麒麟がくる」

まだ6歳ながら、その演技力はすでに高い評価を得ています。

2017年の人気ドラマ「過保護のカホコ」(日本テレビ)では主人公の従姉妹にあたる冨田糸の幼少期役を演じたほか、同年の金曜ナイトドラマ「女囚セブン」(テレビ朝日)では女囚の娘・市川芽衣役で出演(第2話・第3話で登場。第10話では少し成長した市川芽衣役を実姉である子役・田中悠愛が演じています)。

ほかに「FINAL CUT」(2018年・関西テレビ)の被害者女児・熊谷志穂役、「主婦カツ!」(2018年・NHK BSプレミアム)の大塚葵役なども演じています。

また、NHK大河ドラマ「いだてん」(2019年)に金栗サワ役で出演すると、続く「麒麟がくる」(2020年)では物語のヒロインである駒の幼少期役で出演。主人公・明智十兵衛光秀や美濃との深い縁を持つことになる、ヒロイン幼少期のエピソードを演じています。

朝ドラ「とと姉ちゃん」「なつぞら」

▼朝ドラ「なつぞら」では、奥原家の末っ子・千遥(なつの妹)の幼少時代を演じた田中乃愛。

NHK朝ドラもすでに複数の作品を経験しています。

2016年には「とと姉ちゃん」のスピンオフドラマ「福助人形の秘密」に幼少期のめぐみ役で出演したほか、昨年の朝ドラ「なつぞら」では、戦争孤児となった奥原三兄妹の末っ子・千遥(幼少期)役をススだらけの顔で好演。

また、未確認となりますが「半分、青い。」(2018年)に出演していたという情報もあるようです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑