【エール】カフェー女給・希穂子 女優・入山法子が演じる【ゲゲゲの女房・きみはペット】

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「エール」に登場するカフェーの女給・希穂子(きほこ)についてまとめます。

希穂子を演じるのは、「ゲゲゲの女房」「きみはペット」にも出演したことで知られる女優、ファッションモデルの入山法子(いりやま・のりこ)です。

カフェーの女給・希穂子 とある人物の「元カノ」

希穂子は、音が「男女の機微」を学ぶために期間限定で働くことになる「カフェーパピヨン」で出会う女給仲間です。

貧しい家に生まれ、病気の親を抱えて苦労をしているという希穂子。以前に福島の料亭で仲居として働いていた経験を持つ希穂子ですが、実はその当時、ある男性と恋仲にあったとのこと。

第9週放送では、希穂子と「ある男性」との切ない恋物語をキッカケにして、福島に関わる新しい曲が生まれることになります。想い合うのにすれ違う、切ない恋の行方に注目です。

【エール】東京・カフェーパピヨンのママと女給 登場人物、出演女優まとめ
【エール】東京編 主な登場人物、キャストまとめ

女優、ファッションモデル・入山法子

希穂子を演じるのは、埼玉県出身の34歳の女優、ファッションモデル・入山法子(いりやま・のりこ)です。

「ちふれ化粧品」イメージキャラクター(2013年〜2017年)を務めたほか、ヤマザキ「ランチパック」(2007年〜2010年)、サッポロ「生ビール黒ラベル」(2013年〜2014年)のCMにも出演。現在も資生堂「2e」CM、「THE SHOP TK」イメージモデルを担うなど、美貌を武器にモデルとして活躍を見せています。

芸能活動のスタートは「モデル」でしたが、2006年に「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」でクラスの女性ボス・田中ルミ役で出演したのを皮切りに、女優としても本格的に活動を開始しています。

「ハケンの品格」(2007年・日本テレビ)、「トリハダ」(2007年・フジテレビ・第2話主人公)、「ゴーストフレンズ」(2009年・NHK)、「祝女〜shukujo〜シリーズ」(2010年〜・NHK)、「放課後はミステリーとともに」(2012年・TBS)、「ペテロの葬列」(2014年・TBS)など多数の人気作に出演したほか、2017年のフジテレビドララ「きみはペット」では、主人公・巌谷澄麗役を演じています。

「ゲゲゲの女房」終盤に登場

NHK朝ドラは2010年に「ゲゲゲの女房」で、劇団アガルタの若手女優兼座付き作家・川西志穂役(第24週・第139回〜)として出演して以来となります。

この時演じた川西志穂は、茂(向井理)の父・修平(風間杜夫)と不思議な縁を持つ女性。床に伏せがちになったいた修平に、もう一度未完だった映画シナリオを手がける熱意を与えるという、重要な役割を演じています。

▼過度に依存し合う「共依存」をテーマにした映画「共に歩く」では、親から愛情を注がれずに育ち、恋人を過剰に束縛してしまう女性・岩村明美役を好演している入山法子。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑