【エール】国防婦人会の班長・佐々木克子 女優・峯村リエが演じる

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「エール」に登場する国防婦人会の班長・佐々木克子についてまとめます。

佐々木克子を演じているのは、人気劇団「ナイロン100℃」で活躍する女優・峯村リエ(みねむら・りえ)です。

婦人会の厳しいリーダー・佐々木克子

日中戦争の勃発以降、婦人団体「国防婦人会」の活動が活発になると、生真面目な吟(松井玲奈)もこれに参加するようになっていきます。

この婦人会の班長、リーダーを務めているのが、峯村リエ演じる佐々木克子です。克子は「国防は台所から」という婦人会のスローガンを声高に強調しながら、近所の婦人たちを取りまとめていきます。

克子は、婦人会に顔を出さない音(二階堂ふみ)に苦言を呈するほか、子供がいない吟に対し半ば強制的に仕事を押し付けるなど、次第に関内姉妹は克子の熱心さ、勢いに気後れしていくことになりそうです。

「ナイロン100℃」女優・峯村リエ

佐々木克子を演じている女優・峯村リエは、東京都出身の56歳、身長173cm。ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)が主宰する劇団「ナイロン100℃」の主力女優(結成時からのメンバー)として活躍を続けています。

「ナイロン100℃」といえば、犬山イヌコ、三宅弘城、大倉孝二といった個性派俳優が所属することでも知られますね。

「民王」「真田丸」「あなたの番です」

長年舞台俳優として高い評価を得てきた峯村リエですが、特に近年はテレビドラマでの活躍も目立っています。

2015年のテレビ朝日系ドラマ「民王」では、遠藤憲一演じる主人公で内閣総理大臣・武藤泰山の妻・綾役で出演。家庭内別居状態となり夫を冷たくあしらう首相夫人役を好演しています。また、2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」では、劇中女性屈指のヒール役である大蔵卿局(おおくらきょうのつぼね・茶々の乳母)役を演じると、「なりませぬ」の決め台詞とともに大きな話題となっています。

2019年にヒットした日本テレビ系ドラマ「あなたの番です」では、502号室の元住人・赤池美里役で出演。実力派俳優が競演した同作で、姑にいびられながら介護をする専業主婦を演じ存在感を見せています。また、放送が終了したばかりのテレビ朝日系ドラマ「妖怪シェアハウス」でも黄泉醜女役で登場。全身ヒョウ柄のコテコテの大阪のおばちゃん役で注目を集めています。

朝ドラは「まれ」に出演 飯豊まりえの母役

ほかに「池袋ウエストゲートパーク」(2009年・TBS・キャシー役)、「華麗なるスパイ」(2009年・日本テレビ・ステファニー役)、「テディ・ゴー!」(2015年・フジテレビ・山瀬厚子役)、「悦ちゃん〜昭和駄目パパ恋物語〜」(2017年・NHK・大林鶴代役)、「アイアングランマ」(2018年・NHKBS・仁科マキ江役)、「グッドワイフ」(2019年・TBS・脇坂怜子役)など多数の人気ドラマに出演。

NHK朝ドラは、2015年の「まれ」に出演しています。峯村リエは、ヒロイン・希が能登で開いたケーキ屋でアルバイトをすることになる沢沙耶(飯豊まりえ)の母・沢葉子役を演じています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑