【エール】音のライバル・夏目千鶴子 ミュージカル女優・小南満佑子が演じる

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「エール」で音楽学校に入学した音のライバルとして君臨する夏目千鶴子(なつめ・ちづこ)についてまとめます。

千鶴子を演じるのは、ミュージカルの舞台などで活躍する女優・小南満佑子(こみなみ・まゆこ)です。

歌の実力者・夏目千鶴子

夏目千鶴子は、上京した音が「東京帝国音楽学校」で出会う同級生です。

千鶴子は最年少で帝国コンクール金賞に選ばれるほどの歌の実力の持ち主。「プリンス」と呼ばれ学内でスター扱いされている上級生・佐藤久志(山崎育三郎)から歌の相手に指名されるなど、千鶴子は何かと目立つ存在です。

音は、記念公演「椿姫」の主役選考会に応募すると、主役の本命と目されている千鶴子と競うことになります。歌唱技術に大きな差がある二人ですが、果たして選考会の結果は…。

当初は音に対し「あなたのような強欲な人に負けるわけにはいかないの!」と言い放ち、ツンとした気の強い一面を見せる千鶴子。

しかし、自分とは対極的な音から刺激を受け始めると、歌手として急成長していきます。千鶴子は劇中でオペラアリアも歌うとのことで、演じる小南満佑子の歌声も楽しみです。

【エール・5月12日】オペラ「ドン・ジョバンニ」お手をどうぞ(モーツァルト) プリンスと夏目千鶴子が歌う

ミュージカル女優・小南満佑子

夏目千鶴子を演じるのはホリプロ所属、兵庫県神戸市出身の23歳の女優・小南満佑子です。10歳から声楽を学び世界を目指して勉強してきたとのことで、その鍛え上げられた声楽を武器にミュージカル、オペラ、ダンスなど様々なジャンルで活躍を見せています。

高校時代の2014年に「イタリアコンコルソムジカアルテ音楽コンクール」でクルラトゥーラ部門奨励賞、「第32回兵庫県高等学校独唱独奏コンクール」で金賞、「第6回東京国際声楽コンクール(高校生の部)」で奨励賞を受賞すると、2015年には「ジュリアード音楽院声楽オーディション」で最優秀賞を受賞するなど、輝かしい実績を持ちます。

持ち前の美声、歌唱技術を武器にミュージカル「レ・ミゼラブル」(2015年〜・コゼット役・帝国劇場ほか)、「Endless SHOCK」(2016年・リカ役・帝国劇場)、「ポストマン」(2017年・美月/ソフィア役 ・時事通信ホール)、「タイタニック」(2018年・ケイト マクゴーワン役・日本青年館ほか)などの舞台に出演するほか、CSテレ朝のミュージカル情報番組「プリンスロード」ではMCを担当しています。

NHK朝ドラは初出演。大抜擢の期待にこたえ、美しい歌声で視聴者を魅了してくれそうです。

▼高校時代の友人たちとの音楽コラボ動画(瑠璃色の地球)。歌っているのが小南満佑子です。

関連記事
【エール・5月15日】「椿姫・乾杯の歌」千鶴子と音が選考会で歌った曲
【エール・5月12日】オペラ「ドン・ジョバンニ」お手をどうぞ(モーツァルト) プリンスと夏目千鶴子が歌う
朝ドラ「エール」に登場する音楽・楽曲、歌まとめ(古関裕而、古賀政男、クラシック曲ほか)
【エール】東京編 主な登場人物、キャストまとめ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑