【エール】典男の妻・三上多美子 女優・関めぐみが演じる

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「エール」第107回(11月10日放送)に登場した三上典男の妻・多美子についてまとめます。

三上多美子を演じるのは、映画「恋は五・七・五!」などの主演で知られる女優・関めぐみです。

三上典男(鉄男の弟)の妻・多美子

「理容所三上」を営む三上典男(泉澤祐希)は、福島信夫小学校に通う息子・明男(竹内一加)から学校で行われた講演会の話を聞き、生き別れの兄・鉄男(中村蒼)が故郷に帰って来ていることを知ります。

典男は幼少期、夜逃げをした末に悲惨な生活を繰り返す両親に絶望し、村野家から逃亡をしています。苦労の末に理容師として自活できるようになった典男ですが、そんな彼を支えたと思われるのが妻の多美子です。

多美子はしっかり者、働き者で、夫ともに「理容所三上」を支えています。天涯孤独と思って生きてきた鉄男ですが、実弟との再会だけでなく、義理の妹(多美子)、そして二人の甥っ子という新しい家族にも出会い、忘れられない福島への帰郷となりそうです。

女優・関めぐみ

典男の妻・三上多美子を演じているのは、神奈川県出身の35歳の女優・関めぐみです。「エール」主演の窪田正孝と同じスターダストプロモーションに所属しています。

169cmの長身に端正なルックスを持ち、高校時代には20以上のモデル、芸能事務所からスカウトが来たというほどに目立っていた関めぐみ。この時は父の考えもあり芸能界には進まずにレジ打ちのアルバイトに励んでいたそうですが、高校卒業後に女優としてデビューをしています。

2004年に「爽健美茶 緑茶ブレンド」でCMデビューし話題になると、2005年には俳句甲子園を舞台にした青春ラブコメ映画「恋は五・七・五!」でいきなり主演、続く映画「8月のクリスマス」ではヒロインを務め、華々しく女優としてのキャリアをスタートさせています。この「恋は五・七・五!」「8月のクリスマス」でのフレッシュな演技が評価され、「毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞」も受賞しています。

その後もテレビドラマ「がんばっていきまっしょい」(2005年・関西テレビ)、「ライフ」「フライトパニック」(2007年・フジテレビ)、「素直になれなくて」(2010年・フジテレビ)、「ピースボート -Piece Vote-」(2011年・日本テレビ)、「dinner」(2013年・フジテレビ)、「全力離婚相談」(2015年・NHK)、「デスノート」(2015年・日本テレビ)などの話題ドラマに次々と出演。

映画「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」「トワイライトシンドローム デッドクルーズ」(2008年)、「迷宮カフェ」(2015年)で主演、ヒロインを務めるなど、女優として着実にキャリアを重ねています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑