【エール】元いじめっ子・楠田史郎の青年時代 俳優・大津尋葵が演じる

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「エール」より。主人公・裕一を少年時代からいじめていた「史郎」の青年期を演じる俳優・大津尋葵(おおつ・ひろき)についてまとめます。

元いじめっ子・史郎 ハーモニカ倶楽部に所属

「エール」第3週では、古山裕一が福島商業学校に進学し、地元の福島ハーモニカ倶楽部で音楽活動に親しむ様子が描かれます。

裕一は尊敬していたクラブの会長・舘林信雄(川口覚)から心無い言葉をかけられて怒りを露わにしますが、そんな裕一を諭すのが、かつてのいじめっ子・楠田史郎でした。

史郎から怒りを原動力にするのは似合わないと言われた裕一は我を取り戻し、公演会に向けた作曲活動に邁進していきます。

▼二人いたいじめっ子(太郎・史郎)のうち、ほっそりとしていた方の子が史郎。子役・細井鼓太(ほそい・こた)が演じていました。

俳優・大津尋葵

青年になった史郎を演じるのは、埼玉県出身の32歳の俳優・大津尋葵(おおつ・ひろき)です。「エール」東京編に登場予定の俳優・野間口徹が所属する事務所「ダックスーツ」に所属しています。

2005年に山下敦弘監督の映画作品「リンダリンダリンダ」に奥泉聡役で出演したことをキッカケに、俳優活動を開始すると、山下監督作品映画「天然コケッコー」(2007年)、「ありふれたライブテープにFocus」(2013年)のほか、「江ノ島プリズム」(2013年・吉田康弘監督)、「恋人たち」(2015年・橋口亮輔監督)、「新宿スワン」(2015年・園子温監督)、「サニー/32」(2018年・白石和彌監督)などの映画にも出演。

2018年には、「エール」で共演している窪田正孝が主演を務めた映画「犬猿」(田恵輔監督)にも出演してます。

また、TVドラマ「大切なことはすべて君が教えてくれた」(2011年・フジテレビ)の生徒・土屋孝之役、「リッチマン、プアウーマン」(2012年・フジテレビ)のNEXT INNOVATION社員役、「闇金ウシジマくんseason3」(2016年・MBS)の三橋役など、地上波ドラマにも脇役として多数出演をしています。

NHK朝ドラは、「あまちゃん」(2013年)第19話(北三陸のアイドル・足立ユイを求めて殺到するオタクの観光客役)、「半分、青い。」(2018年)第139話(律が働く菱松電機の部下役)で出演経験があります。

▼クロレッツのCM「ジェスチャー篇」で浅野和之の部下役で出演した大津尋葵。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑