朝ドラ「エール」全体のあらすじ、ストーリーまとめ

スポンサードリンク

2020年春から放送が開始されるNHK連続テレビ小説「エール」の全体のあらすじ、ストーリーをまとめます。

昭和を代表する作曲家・古関裕而とその妻・金子をモデルとした夫婦の物語です。

モデルは作曲家・古関裕而、金子夫妻

朝ドラ「エール」は、ともに音楽の道を志す夫婦・古山裕一(窪田正孝)、音(二階堂ふみ)が主人公。

主人公夫婦のモデルは、「栄冠は君に輝く(高校野球)」「六甲おろし(阪神)」「紺碧の空(早稲田)」などの応援歌や、東京五輪「オリンピック・マーチ」を生み出した天才作曲家・古関裕而と、彼を支えた声楽家の妻・金子です。

主人公の古山裕一は明治末期の生まれ。大正の少年・青春期、戦前の下積み、戦中の苦難の時代を経て、最終的に昭和39年(1964年)の東京五輪の時代までが描かれていきそうです。

以下、大まかなあらすじです。

福島の呉服屋「喜多一」の跡取り・古山裕一

日本が生糸輸出世界一となり、急速に国土の近代化が進んでいた明治42年。福島の老舗呉服屋「喜多一」に、待望の男の子・古山裕一が誕生します。

裕一は「喜多一」の跡取りとして周囲から期待されますが、気弱でおっとりとした性格であり、これといった取り柄も見当たらない、ぼんやりとした少年に育ちます。

父・古山三郎(唐沢寿明)は「喜多一」の4代目でしたが、子供たちには好きな道を歩んでほしいと願っているようです。

音楽との出会い

のんびりとした裕一少年の人生を大きく変えたのが、恩師・藤堂清晴(森山直太朗)との出会いでした。

小学校で情熱的な音楽教育を行っていた藤堂に出会い音楽的才能を刺激された裕一は、やがて音楽の授業だけでは物足りなくなり、自ら楽譜を買って来ては音楽の世界に没頭。母・まさ(菊池桃子)が買い与えてくれたピアノを独学で弾き、自ら作曲を繰り返す中で、裕一少年の才能は大きく開いていきます。

また、後に「福島三羽ガラス」として良き音楽仲間・盟友になっていく小学校の同級生・佐藤久志(後に歌手。伊藤久男がモデル)、近所のガキ大将・村野鉄男(後に作詞家。野村俊夫がモデル)との出会いも、裕一にとってかけがえのないものとなっていきます。

豊橋の音楽少女・関内音

もう一人の主人公・関内音の生い立ちも並行して描かれていきます。

愛知・豊橋市内で馬具の製造販売を行う関内家三姉妹の次女として生まれた音。

音楽好きの父・安隆(光石研)の影響もあったのか、音は世界的に活躍するオペラ歌手・双浦環(柴咲コウ。三浦環がモデル)が教会で歌う姿に感動を覚えると、プロのオペラ歌手を目指すようになります。

音は、新進的な母・光子(薬師丸ひろ子)や個性的な姉、妹に囲まれ、明るく前向きな女性に成長していきます。

ところが、11歳の時に父・安隆が出張先の大阪で子供を助けようとして電車にはねられ、突然亡くなってしまいます。家業が傾きかける関内家でしたが、音の機転もありこの危機を脱し、関内家は互いに助け合いながら生きていくことになります。

なお、後に恋に落ちることになる裕一と音ですが、実は幼少期に「運命の出会い」を果たしていました。母方の実家がある福島・川俣を訪ねた裕一は、歌声に誘われてたまたま入った教会で、当時8歳だった音が歌う歌声に感銘を受けていたのです。この時受けた感銘により、裕一の眠っていた音楽の才能が目覚めることになります。

ハーモニカに熱中する商業学校時代

やがて裕一は実家の呉服店を継ぐために地元の商業学校に進学しますが、ここでも裕一は学業ではなく、ハーモニカの合奏にのめり込んでいきます。

そんな裕一の姿を見た三郎は、次男の浩二(佐久本宝)を「喜多一」の後継者に指名し、裕一が音楽学校に進めるように後押しをします。そして、子供がおらず、かねてから養子を欲しがっていた川俣銀行経営者で裕一の伯父である権藤茂兵衛(風間杜夫)に対し、養子縁組の断りの連絡を入れるのです。

こうして音楽を学ぶという夢への道筋が見えたかと思われた裕一。しかし、三郎が連帯保証人となっていた取引先が借金を踏み倒して逃げてしまうと、事態は急変します。

三郎は、この件の穴埋めのため融資を茂兵衛から受ける代わりに、裕一を養子に差し出すという条件を飲まざるを得なくなってしまうのです。

伯父の銀行に入社する裕一 恋と仕事と音楽

高校を卒業した後に、ハーモニカを続けながら音大に進学するという未来像を描いていた裕一。

しかし運命の悪戯により、裕一は伯父・権藤茂兵衛が経営する川俣銀行で住み込みで働き始めることになります。まずは銀行の仕事を覚え、その後に正式に茂兵衛の養子になるという段取りです。

裕一は川俣で知り合ったダンスホールの踊り子・志津(堀田真由)との初恋に敗れると、肝心の仕事にも身が入らず、ぼんやりとした社会人生活を送ることになります。

英国の作曲コンクールで「竹取物語」が上位入賞

こうして音楽活動からも離れ、すっかりくぶっていた裕一。そんな彼の人生に変化をもたらしたのは、川俣で再会したかつての同級生・村野鉄男でした。

裕一は鉄男から「英国の作曲コンクール」の存在を知らされると、鉄男にけしかけられるままに交響曲「竹取物語」を完成させます。

裕一はこの「竹取物語」で、史上最年少での二等を受賞するという快挙を達成。新聞が彼の偉業を讃えるとともに、イギリスへの留学が許可されるなど、音楽家として生きていくという裕一の夢が再びふくらみ始めます。

とはいえ、家計が苦しいこと、それに伯父が自分のことを養子にしようと強く要請していることなどもあり、裕一は夢への一歩を踏み出せずにいました。

運命の人・音との出会い 結婚・上京

一方、豊橋で歌手を夢見ていた音はある日、福島の無名の青年が英国の作曲コンクールで入賞したという新聞記事を目にします。自分と二歳しか違わない青年の快挙に感心した音は、持ち前の行動力を発揮し、裕一にファンレターを送ることにします。

こうして文通を始めた二人が恋に落ちて結婚するまで、長い時間はかかりませんでした。権藤家を継ぐべきか、音楽の夢に殉じるべきか…自らの今後に悩んでいた裕一ですが、東京の音楽学校に進学するという音から励まされたことで、音楽家として生きていくことを決意。

昭和5年、裕一と音はそれぞれの故郷に別れを告げ、東京で新婚生活をスタートさせます。

この時、裕一の弟・浩二は「身勝手に」結婚、上京する兄に反発心を持つことになります。責任感の強い浩二は、福島に残って地元のために奮闘することを決意します。

音楽家の夢へひた走る「東京編」

上京した裕一は「コロンブスレコード」(日本コロムビアがモデル)の専属作曲家として、音は音楽学校(帝国音楽学校がモデル)の学生として、個性豊かな東京の人々と出会うことになります。

専属作曲家となった裕一でしたが、すぐに自らが望むような仕事が出来るわけではありませんでした。裕一は、ヒット曲・流行歌を作ることにしか興味がないディレクター・廿日市誉(古田新太)との衝突や、思うように曲が書けないジレンマなど、下積みの苦労を味わうようです。

一方で、同期採用の作曲家・木枯正人(野田洋次郎。古賀政男がモデル)との友情や切磋琢磨、喫茶バンブーの夫婦(野間口徹、仲里依紗)との楽しい交流に恵まれるほか、情熱的な早稲田大学応援部団長・田中隆(三浦貴大)との出会いにより早稲田大学第一応援歌「紺碧の空」を生み出すなど、次第に音楽人として自らの方向性を見出していきます。

音も入学した音楽学校で同級生・夏目千鶴子(小南満佑子)と「椿姫」公演の主役の座を争うなど、青春の日々を過ごすことになります。しかし音は、音楽学校在学中に妊娠。歌手の夢のために身重でありながら奮闘を続ける音ですが、生まれてくる我が子のことを思い、歌手への夢を一時断念。音の音楽への思いは、夫である裕一に託されることになります。

こうして無事に娘・華を出産した音。裕一は妻の音、それに愛する娘・華に支えられながら、数々のヒット曲を生み出す売れっ子作曲家へと成長していきます。

▼古関裕而作曲の阪神タイガース球団歌「六甲おろし」(1936年)、「栄冠は君に輝く」(1948年)、巨人軍の歌「闘魂こめて」(1963年)収録のアルバム「俺たちの野球の歌」。Amazon music unlimitedAmazon prime(30日間無料お試し)などで聴き放題。

戦争の時代、そして戦後 日本人への「エール」

やがて時代は昭和の戦争の時代に突入します。

裕一は軍の要請により戦時歌謡や軍歌などの作曲を余儀なくされると、自分の曲を歌いながら戦死していく若者たちを目の当たりにし、心を痛めます。

この時に裕一が感じた自責の念は、戦後に生み出される数々の名曲へと転化していきます。

高校球児たちを勇気づける「栄冠は君に輝く」、戦争で深く傷ついた長崎、そして日本への鎮魂歌である「長崎の鐘」、そして東京五輪の選手団入場行進曲である「オリンピックマーチ」など、裕一は人々の背中を押す「エール」となる楽曲を生み出し続けるのです。

そして、気弱な夫の才能を誰よりも信じ、叱咤激励し続けた妻の音。彼女もまた、時代に翻弄されながら歌手になるという夢を追い求めます。彼女の「夢」が、夫との生活の中でどのように結実していくのか…。こちらも見どころとなります。

※あらすじに登場する曲名は、古関裕而が実際に作曲したものです。「エール」劇中にこれらの曲が登場しない、または曲名が変更となって登場する可能性がありますので、詳細がわかりましたら随時追記していきます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑