【エール】「紺碧の空」早稲田大学応援部団長・田中隆 俳優・三浦貴大は三浦友和・百恵の次男

スポンサードリンク

連続テレビ小説「エール」に登場する早稲田大学応援部5代目団長・田中隆についてまとめます。田中隆が関わる一連のエピソードは、古関裕而が早稲田大学応援歌「紺碧の空」を生み出した史実がモデルとなっています。

また、演じる俳優・三浦貴大(みうら・たかひろ)のプロフィールもまとめます。

早稲田大学応援歌「紺碧の空」の作曲依頼

福島から上京して「コロンブスレコード」の専属作曲家となった裕一(窪田正孝)でしたが、仕事で結果を出せず、くすぶる日々を過ごしていました。

そんなある日、友人・佐藤久志(山崎育三郎)の従兄弟が早稲田大学の応援部にいた縁で、裕一は応援歌の作曲依頼を受けることになります。

依頼主はやたら声が大きく暑苦しい、早稲田大学応援部の5代目団長・田中隆(三浦貴大)。田中は名前や実績よりも人との縁を大切にする熱血漢で、宿命のライバル・慶応義塾大学を打倒するために裕一に「紺碧の空」の作曲オファーを持ち込んだのです。

まだまだ「クラシック作曲家」としての自己顕示欲が強く、「人を応援する」という体育会的な行為にピンとこない裕一。しかし田中が応援部に入ったキッカケを知ると気持ちを動かされ、ついに歴史に残る応援歌「紺碧の空」を作り上げることになります。

【エール5月19日】「徳川家康公御遺訓」で怒りを抑える音 御遺訓の内容と意味は?
【エール】東京編 主な登場人物、キャストまとめ

▼今も歌い継がれる「紺碧の空」。作曲家・古関裕而がブレイクする前夜の作品。 

 

古関裕而の史実がモデル

この「紺碧の空」誕生のエピソードは、古関裕而(エール・古山裕一のモデル)の実体験がモチーフとなっています。

昭和6年、早稲田大学応援団は大学野球のリーグ戦を前に、打倒・慶応を果たすべく新しい応援歌を作ろうとしていました。すでに慶応には名物応援歌「若き血」が存在しており、これに対抗する力強い応援歌を求めていたのです。

古関裕而のもとに応援歌の作曲依頼が届いたのは、古関の友人・伊藤久男(エール・佐藤久志のモデル)の従兄弟・伊藤茂が早稲田大学応援団の幹部だったことが縁でした。依頼は、早稲田の学内で公募され選ばれた「紺碧の空」の詞にメロディを付けるというものでした。

当時、早稲田には山田耕筰や中山晋平といった著名な作曲家による応援歌がすでに揃っていました。まだ無名だった古関裕而への依頼に対し早稲田内では反対の声も多かったようですが、これを引き受けた古関裕而は苦心の末に「紺碧の空」のメロディを完成させています。

少し難解な曲ではないかと応援団関係者から疑問の声もあがったそうですが、いざ神宮球場に「紺碧の空」が響き渡るとスタンドが一体となった大合唱が巻き起こります。これ以降、「紺碧の空」は早稲田大学の青春の応援歌として定着していくことになるのです。

朝ドラ「エール」に登場する音楽・楽曲、歌まとめ(古関裕而、古賀政男、クラシック曲ほか)

演じる俳優は三浦貴大 父は三浦友和、母は山口百恵

熱血の応援団長・田中隆を演じるのは、東京都出身の34歳の俳優・三浦貴大(みうら・たかひろ)です。父・三浦友和、母・三浦(旧姓山口)百恵を持つ、芸能界のサラブレッドとして知られます。

成城学園中、高時代には水球部、ライフセービング部に所属。進学した順天堂大学でもスポーツ健康科学部で学びながら体育会ライフセービング部で活躍し、全日本学生ライフセービング選手権大会(インカレ)で上位入賞をするなど、三浦貴大自身も今回の役柄同様、体育会の気質を持っています。

卒業後は父と同じ芸能の道に進み、映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」(2010年)で俳優デビューをすると、いきなり第34回日本アカデミー賞新人俳優賞、第35回報知映画賞新人賞を受賞。

その後も映画「学校をつくろう」(2011年・主演)、「劇場版SPECシリーズ」(2012年〜)、「あなたへ」(2012年)、「進撃の巨人」(2015年)、「怒り」(2016年)、「ゴーストマスター」(2019年・主演)などの話題作に次々と出演し、実力派俳優として評価を重ねています。

NHK大河ドラマ「花燃ゆ」(2015年)の毛利元徳役や「いだてん」(2019年)の野田一雄役のほか、「高嶺の花」(2018年・日本テレビ)の吉池拓真役、「TWO WEEKS」(2019年・フジテレビ系)の有馬海忠役など、人気ドラマへの出演も多数。

▼サントリー「天然水・澄みわたるお茶」CMで「スミワタル先生」を演じる三浦貴大。2010年〜2015年には大正製薬「リポビタンD」CMの16代目CMキャラクターにも抜擢されており、熱血男の役柄が似合います。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑