【エール】山中崇が登場!ラーメン屋店主・天野弘役 「ごちそうさん」「半分、青い」に続く朝ドラ

スポンサードリンク

朝ドラファンにとって嬉しい情報です。NHK連続テレビ小説「エール」に、俳優の山中崇(やまなか・たかし)が出演します。

山中崇が「エール」で演じる役柄・天野弘について、それに山中崇の朝ドラ出演経歴などを簡単にまとめます。

元軍人・智彦にラーメンの作り方を教える店主

ようやく戦争は終わったものの、男たちの「戦争」はまだ完全には終わっていませんでした。

戦時中の作曲活動に対し深い後悔の念を抱え続ける裕一(窪田正孝)と同様に、戦時中に軍人として奔走した吟の夫・智彦(奥野瑛太)も、新しい戦後の時代に苦しむことになります。

智彦は復員をし就職先を探す日々を送っていましたが、元軍人という経歴とプライドが邪魔をし、なかなか社会復帰を果たせません。

そんな智彦に一筋の光明を与えそうなのが、闇市にあるラーメン屋の店主・天野弘です。

天野は仕事のない智彦にラーメンの作り方を教えることになるのですが、そこは誇り高き元軍人と荒くれ者の怪しいラーメン屋のオヤジ。二人がどのようにぶつかり、どんな会話がかわされるのか、今後の展開が楽しみです。

「ごちそうさん」の室井さん 「半分、青い」の浅葱洋二

俳優・山中崇が「エール」に出演するとなれば、浮き足立つ朝ドラファンも多いことでしょう。

山中崇は、東京都出身の42歳の俳優。2006年の映画「松ヶ根乱射事件」で主人公の双子の兄・鈴木光役で素晴らしい演技を見せたことで注目が集まり、以降、映画「ぐるりのこと。」「武士の家計簿 」「海炭市叙景」、ドラマ「スロースタート」「深夜食堂」「はつ恋」「花のズボラ飯」などの作品に出演。

クセの強い役柄を演じることも多く、視聴者の印象に残る脇役俳優として重宝されていきます。

2013年にはNHK朝ドラ「ごちそうさん」に、ヒロインの親友・桜子と結婚することになるダメ文士・室井幸斎(むろい・こうさい)役でレギュラー出演。ズボラで無神経なダメ男でありながらどこか憎めない「室井さん」役を好演し、多くのファンを獲得しています。

2018年には朝ドラ「半分、青い」にも出演。山中崇が演じた浅葱洋二(あさぎ・ようじ)は、結婚に焦るヒロインの親友・ユーコが合コンで知り合った結婚相手。浅葱は青山に居を構えるインテリアコーディネーターでありながら致命的にダサい皿を引き出物に選ぶなど、どこか胡散臭い男としてドラマに登場しています。

▼医者役もフリーランスのルポライター役も。山中崇が演じると、不思議と様々な過去・人生を抱えた魅力的な人物に見えてきます。

関連記事
「ごちそうさん」の貧乏文士・室井さんは大阪編でも再登場?モデルは茶川竜之介ではなく村井弦斎
鍋底大根・室井幸斎の下衆(ゲス)化が止まらない
文士・室井はコミュニケーション強者?図々しい?和枝とのやり取りで見せた鈍感力

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑