「おかえりモネ」ロケ地・新次がいる仮設住宅 気仙沼「反松公園住宅」で撮影 2020年秋に解体

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」第4週に登場する気仙沼の被災者向け仮設住宅の撮影場所、ロケ地についてまとめます。

震災から10年が経過し、最後まで残っていたプレハブ仮設住宅「反松公園住宅」で撮影が行われたようです。

亮の父・新次がいる仮設住宅

「おかえりモネ」第4週では、「りょーちん」こと及川亮(永瀬廉)の父・新次(浅野忠信)が気仙沼の仮設住宅で泥酔し、警察が駆けつける騒ぎなどが描かれていきそうです。

東日本大震災で「大切な人」と2億円の新造船を失った新次は、その後酒浸りの日々に突入。詳細はわかりませんが新次は気仙沼市内(本土)にある仮設住宅で暮らしているようです(第13回などで登場。2014年)。
「おかえりモネ」亮の父・及川新次(浅野忠信) 震災で失った「大切な人」とは
「おかえりモネ」6月8日 新次が出てきた気仙沼の居酒屋「まんせん」 撮影場所・ロケ地は?

Amazon Prime(30日間無料期間あり)では会員特典として、清原果耶がヒロインを務めた映画「3月のライオン」「愛唄 約束のナクヒト」「デイアンドナイト」などの名作が見放題(2021年5月現在)。Amazon PrimeからNHKオンデマンドも別途購入できるので、アカウントを持っておくと何かと便利です。

撮影場所は気仙沼「反松公園住宅」か

事前予告の映像を参考にこの仮設住宅の撮影場所を調べたところ、周辺の風景(りょーちんの背後に千葉家電の看板や青い橋が見えたこと)などから、気仙沼市上田中2丁目の反松公園(そりまつこうえん)にあった「反松公園住宅」で撮影されたことがわかりました。

震災後、岩手県で1万3984戸、宮城県で2万2095戸、福島県で1万6800戸が建設され、みなしを含めたピーク時の仮設入居者は3県で約27万人(2012年3月に)に達したという仮設住宅。その後、被災者の方々は災害公営住宅や再建された自宅に転居し、震災から10年が経った2020年にその役割を終え、すべての仮設住宅は解体されています。

最大約100世帯が入居していたという「反松公園住宅」は、震災後に宮城県が整備したプレハブ仮設住宅のうち、最後まで残っていた場所。2020年10月に解体作業が開始され、2021年3月頃にはもとの公園の状態に戻るとのことです。

「おかえりモネ」の事前予告番組「もうすぐ!おかえりモネ」では、及川亮役を演じる永瀬廉が2020年10月6日に仮設住宅での撮影に臨む姿が伝えられています。つまり、「反松公園住宅」での撮影はちょうど解体開始直前の時期に行われたということになります。
※新次が泥酔していたシーンは、震災から3年後の2014年という設定。

▼泥酔騒ぎを聞きつけたりょーちんは、警察官に案内されてこの駐車場から仮設住宅の中へと入っています。

スポンサーリンク


PAGE TOP ↑