【陸王】「豊橋国際マラソン」とは モデルの大会はある?

スポンサードリンク

TBS系日曜ドラマ「陸王」に登場する「豊橋国際マラソン選手権大会」についてまとめます。

「陸王」原作小説で描かれたマラソン大会などを参考に、この大会がどの程度の規模のものか、モデルとなっている大会があるのかについてもまとめます。

「豊橋国際マラソン」とは

怪我に泣かされる悲運のランナー・茂木裕人(竹内涼真)と、経営難に直面する老舗足袋屋「こはぜ屋」の宮沢紘一社長(役所広司)。後に奇跡の物語を紡ぐことになる両者の最初の接点となるのが、「豊橋国際マラソン選手権大会」です。

宮沢はこの豊橋国際マラソンを観戦した後に、マラソン足袋シューズの開発という新事業に乗り出すことになります。

「国際マラソン」と冠している通り、豊橋国際マラソンは有力選手が多数参加する、国内でも有数の大会という設定。2017年9月に行なわれた豊橋ロケでは三日間で合計1万人のエキストラ(主に沿道の観客)が参加しており、豊橋国際マラソンが盛大な大会らしいことがうかがえます。

【陸王】優勝者サイラス・ジュイ(ケニア) 「豊橋国際マラソン」で自己最高記録(幻)を出してしまう

▼豊橋市役所前をスタートし、国道1号や駅前大通など豊橋の中心部を走るらしい「豊橋国際マラソン」。

原作では「京浜国際マラソン」として登場

2017年現在、「豊橋国際マラソン」なる国際大会は実在しません。「豊橋国際マラソン」にモデルとなる大会が存在するのか、気になるところですね。

池井戸潤氏による原作小説「陸王」には、「豊橋国際マラソン」にあたると思われる大会「京浜国際マラソン」が描かれています。

この京浜国際マラソンは、市民ランナーを含めた総参加者数が二万人(応募倍率は約十倍)、世界から有力なランナーが多数集う、日本有数のマラソン大会という設定。実況アナウンサー、解説者が乗った中継車が出るとのことで、その注目度がうかがえます。

走行コースは東京・品川駅前を出発し、南に向かって多摩川を超え、神奈川・横浜の生麦付近が折り返し地点。第一京浜(国道15号線)をひた走ると思われるそのコースは、箱根駅伝のルートと重なります。

旧東京国際マラソン、現在の東京マラソンがモチーフ?

京浜国際マラソンは実在しない小説上の架空の大会ですが、その開催規模や京浜ルートを走るコース設定などから、かつて存在した「東京国際マラソン」(2006年廃止)「東京国際女子マラソン」(2008年廃止。いずれもエリートランナー向け)と、実質的にその後継大会とされる「東京マラソン」(2007年開始。市民ランナーを中心に三万人超が参加)あたりをモチーフに創作された大会なのではないかと推測します。

今回の「陸王」映像化にあたり、さすがに東京都心部での「京浜国際マラソン」大規模ロケ敢行は困難であり、撮影、ロケ地提供に協力的な豊橋市(※同じくTBS系、池井戸潤氏原作ドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」でロケ地として豊橋が大々的に登場した実績あり)に舞台を変えて撮影が行われたということでしょう。

※豊橋には強力なフィルムコミッション「ほの国東三河ロケ応援団」が存在し、ロケ地の提供、仲介を積極的に行なっています。
http://www.honokuni.or.jp/ouen/

なお、愛知県では2012年から「名古屋ウィメンズマラソン」(女性限定のフルマラソン大会)を含む一大市民マラソン大会「マラソンフェスティバル ナゴヤ・愛知」(参加人数2万人)が開かれており、ドラマで描かれる「豊橋国際マラソン」と近い雰囲気があるかもしれません。

▼「陸王」に実際に登場する豊橋の場所をまとめました。
【陸王・豊橋ロケ地】撮影場所まとめ 市役所、駅前大通、広小路、市電

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑