【あまちゃん】海が見渡せる北鉄「袖が浜駅」は三陸鉄道「堀内駅」がロケ地

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」に登場する「袖が浜駅」のロケ地についてまとめます。

「あまちゃん」に登場する北鉄・主要駅四つ

「あまちゃん」に名前が登場する北三陸鉄道(北鉄)の駅は、主に北三陸駅、袖が浜駅、畑野駅、宮古駅の四つです。

このうち、北鉄の北の始発駅であり「北三陸観光協会」、「喫茶リアス」、アキやユイが通う「北三陸高校」(駅から5キロ)などがあるのが「北三陸駅」。アキが住む袖が浜地区にあるのが「袖が浜駅」、ユイの家があるのが北三陸駅から一時間ほど南下した「畑野駅」、そして名前のみでロケ地としては登場しませんが、北鉄の南の終着駅が「宮古駅」です。

「北三陸駅」は「久慈駅」が、「袖が浜駅」は「堀内駅(ほりないえき)」が、「畑野駅」は「田野畑駅」がそれぞれモデルになっています。※いずれも「三陸鉄道北リアス線」の駅。宮古駅の呼称のみ実名で登場。

袖が浜駅は堀内駅がロケ地


「袖が浜駅」のロケ地、「堀内駅」は海が見渡せる高台にあります。この駅はユイが「アイドルになりたーい!」と叫んだり、袖が浜の仲間たちが東京から帰って来たアキを出迎えたりと、数々の名シーンが生まれた場所です。

ドラマ上では「袖が浜駅」の高台から海岸へと降りていくとすぐに天野家、そして袖が浜漁港があるという設定になっていますが、袖が浜漁港のモデルとなった「小袖海岸地区」(久慈市宇部)と「堀内駅」(下閉伊郡普代村)は、実際は別々の場所にあります。

ユイちゃんの家の方が宮古、東京に近い!

「あまちゃん」の世界では、宮古駅を発車した北鉄は宮古→畑野→袖が浜を経由して、北三陸駅に到着します。

毎朝の高校への通学風景(北三陸高校に通学)でいつもユイが先に電車に乗っているのは、ユイの家がアキの家より南、宮古駅寄りにあるからです。逆に北鉄に乗って二人で東京に上京しようとした場面では、北側に家があるアキが先に乗っていて、ユイが後から乗ってくるという順番になるわけです。

関連記事
【あまちゃん】袖が浜・海女クラブメンバー、あだ名、年齢一覧
「あまちゃん」モデル・ロケ地 久慈市小袖海岸の海女とは?
「あまちゃん」第一週あらすじ要点まとめ 北三陸にやってきた理由 夏、ユイとの初対面

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑