【ひよっこ・ロケ地】上野駅の撮影セットは浜松市・浜松オートで

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」に登場する上野駅のシーン。茨城と東京の間で揺れ動くヒロインたちにとって、東京の「北の玄関口」である上野駅は重要な場所のひとつになります。

この記事では、劇中の上野駅の撮影が行なわれたロケ地についてまとめます。

北の玄関口・上野駅

かつて北関東、東北方面から東京に来る人々が降り立ったのが、「北の玄関口」といわれたJR(国鉄)上野駅でした。

現在も上野駅・常磐線ホーム界隈にはかつての「終着駅」の名残が見られますが、駅のコンコースや駅構内はかなり新しく刷新されています。

撮影はザ・昭和が残る「浜松オート」で

「ひよっこ」の物語の時代は、1964年(昭和39年)。当然ながら当時の上野駅の昭和臭い情景は現存していません。

劇中の上野駅のシーンは、浜松市にある「浜松オート(浜松オートレース場)」の建物(スタンド)内部を装飾し、撮影が行なれた模様です。浜松オートが数日間貸し出され撮影が行われたこと、それに、事前番宣で登場した上野駅のシーン(浜松市で行なわれたことは公表されています)を見た地元の方が「どう見ても浜松オート」と言及していることなどから、ほぼ間違いないでしょう。※間違いがあれば追記、書き直しをします。

昭和当時の雰囲気が再現された上野駅のシーンは、NHK美術班の本気度が垣間見られるものとなりそうです。頭上に掲げられた運賃一覧表は当時の値段が忠実に再現され、ベンチや壁面に掲げられた看板なども細かく作りこまれています。

こうしたNHKのこだわりに加え、1956年(昭和31年)に開場され、数々のオトコたちの汗と涙が染み込んだ浜松オートの柱や壁のくすんだ表情が、絶妙な昭和感を演出しています。

※各地にあるオートレース場、ボートレース場などは無骨な昭和感が残っているものも多いですね。関東でいえば「川口オート」などもなかなかビンテージな味わい。

夏ばっぱ、春子が再び上野駅に

「ひよっこ」において、上野駅のシーンは幾度か登場します。

朝ドラの名作「あまちゃん」では、夏ばっぱ(宮本信子)や若き春子(有村架純)が北三陸から上京して上野駅に到着するシーンが描かれましたが、「ひよっこ」でも宮本信子、有村架純が上野駅へとやって来るシーンがあります。

昭和当時の上野駅の再現クオリティと、「あまちゃんオマージュ」ともいえる宮本、有村の上野駅再降臨シーン。上野駅のシーンは、なにかと話題になりそうです。

関連記事
【ひよっこ】「NHK放送会館」撮影ロケ地は「茨城県庁・三の丸庁舎」(旧茨城県庁)
【ひよっこ/5月15日】実が目撃された飲み屋街(飲食街、商店街)ロケ地は大森の「山王小路飲食店街」
【ひよっこ】昭和39年当時の物価、給与水準は?谷田部家の年収は30万円弱
【ひよっこ】高校校舎の撮影ロケ地は松本市・松本深志高校 「さよなら、クロ」にも登場
【ひよっこ】村を走るボンネットバス「いすゞTSD 40」 水戸・偕楽園「梅祭り」などで季節運行
【ひよっこ】東京オリンピック(1964年)茨城県内の聖火リレールートは?奥茨城村はコース外
【ひよっこ】奥茨城村はどこにある?実在するの?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑