【ひよっこ】昭和39年当時の物価、給与水準は?谷田部家の年収は38万円弱?

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」4月7日(金)放送回で、谷田部家の収入源の内訳が明かされました。

この記事ではドラマの時代設定である昭和39年当時の給与水準、物価とあわせて、谷田部家の経済事情をまとめます。

米農家・谷田部家の収入バランス

奥茨城村ではリンゴ生産などを手がける三男の家(角谷家)、酪農なども行なう時子の家(助川家)など、谷田部家よりも規模が大きい裕福な農家も存在します。

しかし、谷田部家は小規模な米づくりが主な収入源。これに祖父・茂(古谷一行)が行なう炭焼き(木炭づくり)の売り上げ、母・美代子(木村佳乃)のささやかな内職代、父・実(沢村一樹)が東京に出て建設現場で得た出稼ぎ賃金が加わり、やっと生活が成り立っている状態です。

5年前の不作の年に農協からお金を借りたため、谷田部家は現在も借金を返し続けています。

※谷田部家の収入源

・農業(米が主体)…経費を差し引いて年10万円ほど
・じいちゃんの炭焼き…年3万円ほど
・母ちゃんの内職…月1,000円(年1.2万円)ほど
・父ちゃんの出稼ぎ給料…月2万円(年24万円)

合計年収…約38万円

昭和39年(1964年)の物価は?

谷田部家は上述のように、年間収入が38万円前後。では、東京がオリンピック景気に沸いていた昭和39年の物価はどれほどだったのでしょう。以下、簡単にまとめてみます。数値は「戦後値段史年表」(週刊朝日編)より抜粋しています。

▼物価マニア必携の「戦後値段史年表」。アイスクリームからビール、交通運賃から娯楽料金まで、戦後の物価が細かくまとめられています。文庫版なので安くてお得。

昭和39年頃の給与水準、物価

公務員初任給(大卒・国家公務員上級職)…19,100円
銀行の初任給(都市銀行)…大卒・23,000円、高卒・16,000円

都立高校授業料(全日制・年額)…9,600円 ※昭和40年
都バス乗車賃(初乗り)…20円 ※昭和40年
京都市電乗車賃(大人)…15円
入浴料(東京都内・大人)…28円 ※昭和40年
動物園入場料(上野動物園)…大人・100円、子ども10円 ※昭和40年
下宿料金(東京本郷・月額・6畳二食付き)…9,500円

カレーライス(東京都心・並1皿)…120円 ※昭和38年
蕎麦(かけ、もり)…50円
とんかつ(東京都心)…280円
豆腐(東京周辺・1丁)…25円
たいやき(1個)…10円 ※昭和40年
駅弁(幕の内弁当・並)…150円 ※昭和38年

(参考)
劇中、東京の洋食屋「すずふり亭」で実が食べたハヤシライス…200円

【ひよっこ】すずふり亭メニュー値段・物価まとめ ついにハンバーグまで辿り着いたみね子

物価水準は現在の10分の1程度か

外食がやや高いなどバラツキはありますが、大卒初任給の水準などから、昭和39年当時の物価はおおよそ現在(平成29年)の10分の1程度と見てよいでしょう。

谷田部家の収入を現在の感覚にあてはめると、米の収入が年間100万円、じいちゃんの炭焼きが年間30万円、母ちゃんの内職が月1万円(年間12万円)、父ちゃんの出稼ぎ給料が月20万円(年間240万円)。谷田部家の年間収入は380万円程度(※)といったところでしょうか。

(※)ごめんなさい。当初年間300万円と書きましたが単純な計算間違いで、380万円ほどですね。

奥茨城での田舎生活とはいえ、家族6人がこれで食べていくことを考えると、リアリティのある数字と言えそうです。

関連記事
【ひよっこ】豊子のクイズ番組賞金30万円 現在の物価でいくらくらい?
「ひよっこ」の女性登場人物は「子」がつく名前が多い 「子」がつく名前の歴史、流行は
【ひよっこ】澄子「ナポリタンB」 モデルは王貞治CMでお馴染みのリポビタンD…?
【ひよっこ】みね子の初任給手取り6,000円 現在の物価では?すずふり亭、喫茶店は高い!
【ひよっこ】ヒロイン・みね子の生まれた年、生きた時代設定は?団塊の世代か
【ひよっこ】奥茨城村はどこにある?実在するの?
【ひよっこ・ロケ地】上野駅の撮影セットは浜松市・浜松オートで
【ひよっこ】東京オリンピック(1964年)茨城県内の聖火リレールートは?奥茨城村はコース外

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑