黒田官兵衛が有岡城幽閉で負った後遺症 岡田准一のイケメン官兵衛もここまでか

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「軍師官兵衛」第22話より。黒田官兵衛・幽閉前後、ビフォー・アフターのお話です。

1年ぶりの救出 ヒゲぼうぼう、皮膚病、激やせ

第22話「有岡、最後の日」では、1年に渡り有岡城の土牢に幽閉されていた黒田官兵衛(岡田准一)が、ようやく家臣の栗山善助(濱田岳)らにより救出されました。

救出時の官兵衛はヒゲは伸び放題、頬がコケてやせ細り、皮膚病も患っていました。

それもそのはず。有岡城の土牢は非常に劣悪な環境であり、そこに一年に渡り閉じ込められていた官兵衛のダメージはあまりに大きいものでした。

▲如水居士=黒田孝高(くろだよしたか=官兵衛)。崇福寺蔵。
画像はWikipediaより転載(パブリックドメイン)。

歩行障害、醜い瘡、禿頭…後遺症が残る

伝わるところによれば、黒田官兵衛は有岡から救出後近隣の農村へと担がれ、その後有馬温泉に向かって傷を癒したそうです。しかし、過酷な幽閉生活による後遺症は生涯、官兵衛の身体に残ることになります。

官兵衛は左足の関節に障害が残り、歩行や騎行に不自由するようになります。また、頭部に醜い瘡(そう、かさ=皮膚にできるできもの、ただれ。官兵衛は唐瘡=梅毒にかかっていたという説もあります。)が見られ、頭髪が抜け落ちて禿頭になったとも言われています。

岡田くんビフォーアフター イケメン官兵衛も終了?

これまで「大河ドラマ・軍師官兵衛」では岡田准一による「イケメン官兵衛」が見られました。美しい乗馬シーンなどはジャニーズとは思えない(?)器用な身のこなしであり、青年官兵衛の颯爽とした振る舞いがドラマの魅力でもありました。

しかし23話以降では、官兵衛はこれまでの「爽やか青年武将」ぶりから一転、鬼気迫る「軍師」へと変化していくようです。

ジャニーズの中でも端正な顔立ちを誇り、若い頃から人気があった「岡田くん」も、かれこれ33歳。生まれ変わった軍師・官兵衛の姿に、岡田准一の大人の魅力が新たに発見できるかも知れません。

関連記事
有岡城牢番・加藤又左衛門の息子・玉松は後の黒田24騎「黒田三左衛門」!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑