【陸王】特許素材「シルクレイ」とは?

スポンサードリンク

TBS日曜ドラマ「陸王」に登場する特殊素材「シルクレイ」についてまとめます。

「シルクレイ」は、新しいマラソン用シューズ「陸王」を開発する足袋業者「こはぜ屋」にとって欠かせない、重要な素材となっていきます。

斜陽のこはぜ屋 マラソンシューズ開発

今となっては斜陽産業となっている足袋製造業界で100年以上の歴史を刻んできた、埼玉県行田市の足袋製造業者「こはぜ屋」。社長の宮沢紘一(役所広司)は、会社の未来のために新事業となる「マラソンシューズ」の開発に着手します。

地下足袋製造のノウハウを活かしつつ創りあげられた試作品(生ゴムのソール)は一定の評価を得ますが、競合他社との明確な差別化を図るため、ソールに使用する新素材を探し始めることになります。

零細企業「シルクール」社の素材「シルクレイ」

そんな時に宮沢が出会うのが、かつて前橋でインテリアの製造販売を行なっていた零細企業「シルクール」社と、特殊素材「シルクレイ」でした。

(※9月7日追記:原作では「シルクール」として登場していましたが、テレビドラマ版では「飯山産業」として登場か。詳しいことがわかりましたら、追記修正します。)

「シルクール」元社長の飯山晴之は、家業のインテリア業を継いだものの、ひと山当てようと地元・群馬の「くず繭」を利用した特殊素材「シルクレイ」の開発に没頭。飯山はこの事業に熱中するあまり家業を傾かせ、ついには破産に至ってしまいます。そして迷惑をかけた人々から逃れるように、どこかへと雲隠れをしてしまったのです。

すべてを失った飯山の手元に残ったのは、「死蔵特許」となった繭の特殊加工技術、ノウハウのみ。家業を傾けてまで開発した特許素材「シルクレイ」は、結局日の目を見ることなく闇へと消え去ろうとしていたのでした。

「シルクレイ」の意味とは?軽い、強い、安い

「シルクレイ」は、物語上のフィクションの素材と考えられます。

※「新・繊維総合辞典」(繊維新聞社)、「新版・ファッション/アパレル辞典」といった素材辞典、グーグル検索等でも「シルクレイ」という繭の素材はヒットしませんので、物語上のフィクションの素材と考えて良さそうです。もしモデル素材がありましたら、追記・訂正します。

その呼称は「絹(シルク)」と「粘土(クレイ)」を掛け合わせた造語で、開発者の飯山によって命名されています。

見た目はゴムっぽく適度な弾力と硬さもあるのですが、天然素材の繭の特性を活かした強靭さを持ち、かつ軽く環境にも優しく、造形も容易で、くず繭を使うため製造コストも安い…。

怪我に悩むランナーに向けた理想のシューズを開発しているこはぜ屋にとって、思わず飛びつきたくなる、大きな可能性を秘めた素材なのです。

とはいえ、辛酸をなめてきた飯山にとっては最後の手札となる「シルクレイ」を、そう簡単に見ず知らずのこはぜ屋に手渡すわけもなく…。

▼「シルク・クレイ(Silk Clay)」なる、きめ細かそうなスウェーデン製(?)の粘土ならあるようですが…笑。

関連記事
【TBSドラマ・陸王】見どころ、あらすじ概要
TBSドラマ「陸王」タイトルの意味、名前の由来 シューズのモデルは?
【陸王】足袋製造会社「こはぜ屋」社名の意味、由来とは?モデル企業は?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

天皇の料理番 視聴率 わろてんか 東京都北区赤羽 マッサン ナポレオンの村 ごちそうさん 美女と男子 べっぴんさん 女優 まれ 朝ドラ ロケ地 ブラタモリ ど根性ガエル タモリ倶楽部 ひよっこ 軍師官兵衛 NHK あまちゃん 歴史 釣りバカ日誌 俳優 下町ロケット 花子とアン とと姉ちゃん 陸王 真田丸 やすらぎの郷 あさが来た サブカル ヒストリア 地域文化 アイドル 食文化 醸造 音楽 大阪 花燃ゆ ドラマ
PAGE TOP ↑