NHKドラマ「透明なゆりかご」ロケ地 横浜「大口1番街」商店街

スポンサードリンク

NHKドラマ10「透明のゆりかご」第2話の撮影ロケ地として画面に登場する、神奈川県横浜市の「大口1番街」についてまとめます。

「大口1番街」は昭和の風情が残り、なぜか浦島太郎伝説がささやかれる、味わい深い商店街です。

小田原市がロケ地の中心

ドラマ版「透明のゆりかご」は、「海辺の町の小さな産婦人科」を舞台にした物語です。

屋外での撮影は神奈川県小田原市内などを中心に行われており、ヒロイン・アオイ(清原果耶)が働くことになる「由比産婦人科」も、小田原市にある「前羽福祉館」がロケ地になっています。

NHKドラマ10「透明なゆりかご」由比産婦人科 撮影ロケ地は小田原市・前羽福祉館

横浜の「大口1番街」も登場

第2話では、神奈川県横浜市神奈川区七島町付近の商店街「大口1番街」もロケ地として登場しています。

病気を持ちながら出産を決意した妊婦・菊田(平岩紙)の決意を聞いたアオイが医院を飛び出し、赤ちゃんを捨てた女子高生・千絵(蒔田彩珠)に自転車で会いに行く道中で、大口1番街の風景が登場しています。

「大口1番街」は、海にも程近い京急本線「子安駅」からJR横浜線「大口駅」方面へと伸びる、緩やかなカーブが心地よい商店街です(「大口1番街」は国道一号線にぶつかる所までで、その先は「大口通商店街」というらしい)。

浦島太郎がここで何かをしたらしい

僕もこの商店街は何度か歩いたことがありますが、横浜港をイメージしたというスカイブルーのアーケードが可愛らしいし、商店街の入り口付近にある「相應寺」(子安厄除子育地蔵で有名)の境内ではネコたちがゴロゴロとひなたぼっこをしているし、何だかピースフルな場所です。※少し先にはあの「大口病院(現・横浜はじめ病院)」がありますが…。

また、「大口1番街」の商店街にはなぜか「数々の浦島太郎伝説」が残されており、商店街の中程には「浦島太郎が足を洗ったと伝えられる足洗川(あしあらいがわ)の碑」という謎すぎるスポットも存在します。浦島太郎って浜っ子でしたっけ…。

▼ヒロイン・アオイは泣きながら(?)全力でママチャリを漕ぎ、この「大口1番街」を大口駅方面へと疾走していきます。

昭和天皇の行幸地

「商連かながわ」によるサイト「商店街に行こう!in 神奈川」から、大口1番街の来歴を引用してみます。 

横浜大空襲の焼け跡からいち早く復興した商店街で、昭和21年2月全国最初の巡幸地として昭和天皇が訪れた。元々子安浜、漁師町の御用達として生鮮三品、生活雑貨の店が多く営業しておりましたが、次第にサービス、医療、飲食等物販以外の業種の店に変化しつつあります。

うーん、いいじゃないいか、いいじゃないか、と思わず「孤独のグルメ」の五郎さんがニヤニヤしそうな説明文です。

ドラマ版「透明なゆりかご」は時代設定が1997年(平成9年)であり、まだまだ昭和の残り香があちこちに残っていた頃のお話です。「大口1番街」はそうしたドラマの世界観と合致するという理由もあり、ロケ地として選定されたのでしょう。

この子安駅付近のほか、鶴見駅、白楽駅など横浜沿岸部には昔ながらの商店街が残っており、「おしゃれな港町・ヨコハマ」のイメージとは違う、生活臭さや人間臭さにあふれた街・横浜のリアルな姿を見せてくれます。

▼商店街の入り口に、文明年間 (1469-1487)創建とされる歴史あるお寺(相應寺)がそびえ立つ。絵的にも素晴らしい大口1番街。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

(AD)

朝ドラ アイドル わろてんか 大阪 真田丸 ブラタモリ ドラマ ひよっこ 女優 食文化 まんぷく ロケ地 視聴率 まれ あまちゃん 歴史 地域文化 とと姉ちゃん ごちそうさん サブカル ナポレオンの村 マッサン NHK 花子とアン べっぴんさん あさが来た 軍師官兵衛 醸造 花燃ゆ 陸王 半分、青い。 天皇の料理番 下町ロケット ヒストリア トットちゃん! この世界の片隅に 俳優 美女と男子 タモリ倶楽部 音楽
PAGE TOP ↑