NHKドキュメント72時間 札幌のサンドイッチ専門店「サンドリア」

スポンサードリンク

2020年11月6日放送のNHK番組「ドキュメント72時間」で撮影の舞台となる札幌市中央区のサンドイッチ専門店「サンドリア」についてまとめます。

具材がはみ出る!サンドイッチ専門店「サンドリア」

今回撮影の舞台となるのは、歓楽街すすきのにもほど近い札幌市中央区南八条西9丁目にあるサンドイッチ専門店「サンドリア」です。

「サンドリア」は1978年の創業。タマゴ、メンチカツ、フルーツサンドなど、具材が隅々までたっぷり詰まった手作りサンドイッチが常時40種類揃い、長年地元の人たちに愛されてきたローカル有名店です。

一番人気は北海道産の新鮮な卵だけを使い、これでもかと具材を詰め込んだ「ダブルエッグサンド」。一日に平均150個以上を製造し、お昼のピークタイムでは最も早く売り切れになるという人気商品です。

「エビマヨ」「フルーツ」「てりたま」「とんかつ」なども上位人気商品で、いずれもひとつ250円前後で大満足のボリュームとなっています。

また、パーティや行楽のお供として「オードブル」の注文も人気となっています。

▼劇場版「鬼滅の刃」無限列車編の主題歌を歌うなど何かと話題の歌手・LiSAさんもサンドリアを訪れています。

24時間営業 夜も昼も様々な人々に愛される

▼最近リニューアルオープンした「サンドリア」の外観。以前はもう少し昭和風味の店舗でした。住所は「すすきの」にほど近い北海道札幌市中央区南8条西9丁目758-14。

 

「サンドリア」の大きな特徴のひとつが、「札幌で初めての24時間営業サンドイッチ専門店」だということ。

店は北海道最大の繁華街・すすきのとは目と鼻の先。特に夜から早朝にかけて、すすきののスナックで働く女性や出勤前のホスト、明け方に家族の朝ご飯を買いにくる人などが店を訪ね、様々な人生模様が交差します。

まさに、多様な人々の生き方を映しとる「ドキュメント72時間」にうってつけの店と言えるでしょう。

コロナ禍による影響で、飲食店の廃業や短縮営業などの暗い話題が続いています。逆境の中で人々の生活を支え続ける「サンドリア」はどのような思いで24時間営業を貫くのか…。3日間の定点観測により、店の意地やプライドなどが見えてきそうです。

関連記事
NHKドキュメント72時間 千葉のアウトレット家具店「MEGAMAX(メガマックス)」

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑