NHKドキュメント72時間「東京・新橋 年の瀬の洋菓子店で」 撮影店舗は「洋菓子のヒロタ 新橋駅前店」

2022年1月28日(金)に放送されるNHK「ドキュメント72時間〜東京・新橋 年の瀬の洋菓子店で」の撮影場所、ロケ地になっている東京都港区新橋の「洋菓子のヒロタ 新橋駅前店」についてまとめます。

スポンサーリンク

目次

2021年の年の瀬 ビジネス街の洋菓子店で密着取材

2022年1月28日(金)に放送されるNHK「ドキュメント72時間」のタイトルは「東京・新橋 年の瀬の洋菓子店で」。東京都心のビジネス街・新橋にある人気洋菓子店の年の瀬の風景を、72時間密着取材しています。

「東京・新橋 年の瀬の洋菓子店で」の回の番組内容予告は以下の通り。

2021年の年の瀬。舞台はビジネス街・新橋の駅前にある、老舗の洋菓子店。お手頃なシュークリームやケーキを求めて、多くのお客が訪れる。仕事納めの日に、会社の部下への差し入れを買いに来たという上司。肉体労働のあとの自分へのご褒美という建設業者。1年の感謝を込めて家族のために買う人もいる。さまざまな出来事があった2021年は、働く人たちにとってどんな年だったのか?甘い物を求める事情から、見つめてみる。

【語り】石橋静河

NHK番組表から引用

「洋菓子のヒロタ 新橋駅前店」 創業は大正末期の大阪

72時間の密着取材が行われたのは、JR新橋駅の目の前、東京都港区新橋2丁目にある「洋菓子のヒロタ 新橋駅前店」です。「洋菓子のヒロタ」といえば、多種多様な味を揃えたオリジナルのシュークリームやシューアイスなどで知られます。

「洋菓子のヒロタ」の創業は、1924年(大正13年)のこと。創業者の廣田定一氏が大阪市上福島の自宅を改装し、洋菓子の製造販売業を始めたのが始まりです。戦前からシュークリームやアイスクリームなどを製造販売し、人気となっています。

現在の「洋菓子のヒロタ」の業態の礎となったのは、戦後の1948年(昭和23年)にオープンした、洋菓子の製造販売と喫茶を兼ねた店舗「神戸・元町店」にさかのぼります。

その後、人気定番商品となった「シューアイス」の開発、フランス・パリへの進出、東京本部への移転などの歴史を重ね、現在は東京都に3店舗(飯田橋、新橋、表参道)、千葉県に2店舗(本八幡、山武郡の工場売店)の直営店を展開するほか、オンラインショップも好評です。

関西エリアなどでもたびたび催事販売が行われています(阪急塚口駅で1月25日まで、なかもず駅で1月26日〜2月1日まで)。

▼JR新橋駅・SL広場のすぐ向かいにある「洋菓子のヒロタ 新橋駅前店」。ビジネスマンの街・新橋ならではの客層が集います。

スポンサーリンク

▼NHKオンデマンドをU-NEXT無料トライアルでお試し!

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる