NHKドキュメント72時間「沖縄 今日も“ゆんたく”市場で」 金武町の「いしじゃゆんたく市場」で撮影 黒島結菜がナレーションで登場

2022年5月20日(金)に放送されるNHK「ドキュメント72時間〜沖縄 今日も“ゆんたく”市場で」の撮影場所、ロケ地になっている沖縄県国頭郡金武町の「いしじゃゆんたく市場」についてまとめます。

スポンサーリンク

目次

地域の人が集まる「ゆんたく市場」 黒島結菜が語りで登場

2022年5月20日(金)に放送されるNHK「ドキュメント72時間」のタイトルは「沖縄 今日も“ゆんたく”市場で」。皆が集まる市場であり、地域の交流の場ともなっている沖縄の市場で72時間の密着取材が行われています。

「沖縄 今日も“ゆんたく”市場で」の回の内容予告は以下の通り。朝ドラ「ちむどんどん」でヒロインを演じている黒島結菜がナレーションを務めます。

トマトや山芋、島バナナ。コインや切手といった骨董品。さらに米軍払い下げの軍用品など。舞台は沖縄本島の東海岸沿いにある「いしじゃゆんたく市場」。「ゆんたく」とは、「おしゃべり」の意味で、市場のあちこちで「ゆんたく」の花が咲く。本土復帰時はバスの運転手だったという古着店の男性。カラオケ喫茶を営む女性客は、出稼ぎや米兵との結婚など、激動の人生を語る。小さな市場にカメラを据え、沖縄の歩みを見つめる。

語り:黒島結菜(沖縄県糸満市出身)

金武町「いしじゃゆんたく市場」

撮影は、沖縄本島中部の国頭郡金武町にある「いしじゃゆんたく市場」で行われています。

「ゆんたく市場」という名前は本土では馴染みがありませんが、ゆんたく(=おしゃべり)が出来るフリーマーケット、ローカルな青空市場のような場所、と考えるとわかりやすいかと思います。

市場ではパイナップルやマンゴーなどの果実、地元の野菜、おばぁが作る激安なお弁当(これが人気)、土産物などが売られ、地元のマーケットとしての機能が見られます。

一方で、米軍の放出品、古着、よくわからない謎のアメリカ菓子、輸入雑貨などがあちこちに並べられ、カオスでフリーダム、闇市のようなごった煮感も満載。決して観光地という感じではありませんが、地元のローカルな空気感を味わうには最高の場所です。

自由市場だけに中には品質的に怪しい物もあるようで、そのあたりは注意が必要。そういったことも含め、アジアンな雰囲気を味わいたい人にはとても楽しい場所です。「ゆんたく市場」の名前の通り、気軽に会話が楽しめるのが大きな売りです。

スポンサーリンク

▼NHKオンデマンドをU-NEXT無料トライアルでお試し!

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる