「ちむどんどん」ロケ地 東洋新聞社・社屋外観は「学士会館」で撮影 「半沢直樹」の土下座会議室でおなじみ

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」に登場している東洋新聞社。社屋の外観映像としてレトロな建物・学士会館についてまとめます。

学士会館はドラマ「半沢直樹」や「日本沈没」「下町ロケット」などでもロケ地となっています。

スポンサーリンク

目次

暢子が働く東洋新聞社

レストラン「アッラ・フォンターナ」のオーナー・大城房子の命令により、暢子は東洋新聞社でアルバイト(ボーヤ)として働くことになります。

恐らく戦前からあったと思われる東洋新聞社。暢子が働き始めたのは1972年(昭和47年)のことであり、同社の社屋も戦前の雰囲気を残したレトロなものとなっています。

外観の撮影は「学士会館」 震災復興建築

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる