「ちむどんどん」山原小学校、山原中学校 木造校舎のロケ地は栃木県大田原市の旧須賀川小学校

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」第1週に登場する村の小学校、中学校の撮影場所、ロケ地についてまとめます。

「とと姉ちゃん」をはじめ、多くのドラマや映画のロケ地になったことで知られる木造校舎です。

スポンサーリンク

目次

兄妹が通う「山原小学校」「山原中学校」

第1週では、暢子ら比嘉4兄妹が村の山原小学校、山原中学校に通う様子が描かれています。

ドラマがスタートした当時、賢秀は14歳、良子は13歳、暢子は10歳、歌子は8歳。賢秀と良子は中学校に、暢子と歌子は小学校に通っています。小学校と中学校は一緒の場所にあるようですね。

また、姉の良子(川口春奈)は後に夢だった小学校の先生になりますが、この山原小学校で教鞭をとるようです。

撮影は栃木県大田原市の旧須賀川小学校

レトロな木造校舎が印象的な山原小学校、山原中学校のシーンの撮影は、栃木県大田原市にある旧須賀川小学校で行われたようです。

旧須賀川小学校は、1955年(昭和30年)に落成したという昔ながらの木造校舎が特徴。2006年(平成18年)3月に学校統合により閉校してしまいましたが、卒業生ら地元住民による校舎の保存会が組織され、大切に管理されています。

その趣のある校舎は映画やドラマのロケ地としても人気となっています。

NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」(2016年)でヒロイン・常子が通う小学校の運動会のシーンなどが同校舎で撮影されたほか、NHKドラマ「悦ちゃん」(2017年)「55歳からのハローライフ」(2014年)、テレビ東京系ドラマ「勇者ヨシヒコと導かれし七人」(2016年)、TBS系ドラマ「嫌われ松子の一生」(2006年)などでもロケ地として登場しています。

スポンサーリンク

▼NHKオンデマンドをU-NEXT無料トライアルでお試し!

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる