【あさが来た】はつの夫・眉山惣兵衛(そうべえ)モデルは天王寺屋五兵衛

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「あさが来た」に登場する姉・はつ(宮﨑あおい)の夫・眉山惣兵衛(柄本佑)についてまとめます。

「あさが来た」にはたくさんの魅力的なキャラクターが登場するのですが、この眉山惣兵衛という男はその中でも異質な存在です。物語序盤、惣兵衛は陰気くさく無愛想で何を考えているのかわからないという、歴代朝ドラでも屈指の「暗い男」として描かれます。

山王寺屋次期当主?眉山惣兵衛は母ちゃんが怖い

はつの嫁ぎ先・山王寺屋(眉山家)は、大阪有数の両替屋。その長男である惣兵衛はやがて名門・山王寺屋を背負っていくべき存在なのですが、どうにも屈折した「小物感」が漂います。

それもそのはず。眉山家にはプライドが高く何でも自分で決めたがる母・菊(萬田久子)が君臨しているのです。父・栄達(辰巳琢郎)は人は善いのですが、番頭上がりの婿養子で妻に頭が上がらずマスオさん状態。この口うるさい「モンスター母」の影響を浴び続けた息子・惣兵衛は、母親の言うことを何でも聞く青年となり、それでいながら母親のことを鬱陶しく思うという、少々屈折した男に育ちます。

惣兵衛は嫁いできた妻・はつのことを気に入り、大切に思う気持ちがあるようなのですが、不器用なためなのかこの気持ちはなかなかストレートに妻に伝わりません。

君臨するモンスター母・菊 山王寺屋は没落へ

山王寺屋は、あさ(波瑠)が嫁いだ加野屋(白岡家)とは対照的に、幕末の動乱に対応しきれずに没落することになります。その没落には母・菊の状況判断のまずさも影響しているようで、夜逃げ、潜伏生活へと一家が転落する中で、惣兵衛がいつ母親に反旗を翻し、自分自身の人生を歩み始めるのかにも注目が集まります。

やがて訪れる惣兵衛の心の変化とともに、はつとの夫婦関係も新しいものへと発展していくようです。はつ演じる宮﨑あおいは波瑠とともに「ダブルヒロイン」とも目されており、夫を演じる柄本佑との演技が楽しみです。

眉山惣兵衛のモデルは天王寺屋五兵衛

眉山惣兵衛は、実在した大阪今橋の「天王寺屋五兵衛」をモデルにした架空のキャラクターです。広岡浅子(ヒロイン・あさのモデル)の異母姉・春が嫁いだ先が、大阪でも屈指の両替商だった天王寺屋の五兵衛でした。

春は維新前後の混乱期による天王寺屋の倒産、没落を受けて逃亡。貧民窟での生活を余儀なくされています。この顛末はドラマの原案「土佐堀川」にも描かれていますが、このエピソードを元に創作されるのが、はつと惣兵衛の苦難の夫婦物語です。

なお、天王寺屋五兵衛は着物の善し悪しのわかる粋な人だったそうで(NHKオンラインでの柄本佑の発言による)、ドラマの眉山惣兵衛のような神経質な人物ではないと思われます。

関連記事
【あさが来た11月12日】惣兵衛とはつが再会 語られた失踪の理由とは?
【あさが来た】はつの姑・眉山菊を演じる萬田久子 強烈な嫁イビリキャラ
【あさが来た】山王寺屋・眉山惣兵衛(そうべえ)を演じるのは柄本佑 父は柄本明、母は角替和枝
【あさが来た】はつの嫁ぎ先・山王寺屋(眉山家)モデルは天王寺屋(大眉家)
【あさが来た】宮﨑あおい演じる姉・今井(眉山)はつ モデルは広岡浅子の異母姉・三井春
【あさが来た】姉・今井はつの少女時代を演じる子役・ 守殿愛生(もりどのまなせ)
【あさが来た第4回】はつと惣兵衛の初対面 不安に涙するはつと、琴の音を「美しい」と思えた惣兵衛
【あさが来た・10月5日】惣兵衛の性格が露呈!憎たらしい発言・態度まとめ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑