福岡の地名由来「備前福岡」は黒田家ゆかりの地 中世に栄華を極める

スポンサードリンク

九州最大の都市である「福岡」。その街の名は、福岡城を築き福岡の街の礎を作った「黒田家」の歴史に由来します。NHK連続テレビ小説「軍師官兵衛」最終回でも、福岡城が名付けられた由来が語られます。

大大名となった黒田長政 福岡城築城

関ヶ原の戦いでの武功が高く評価され、黒田長政は徳川家康から筑前(現在の福岡県西部地域)五十二万石を与えられ、一躍大大名へとのし上がります。

官兵衛と長政は福崎丘陵(現在の舞鶴公園)に新しい城を建設し、これを福岡城と名付けました。これが現在の「福岡」の都市名の始まりです。

この「福岡城」という城の名前ですが、黒田家ゆかりの地「備前福岡」(現在の岡山県瀬戸内市長船町福岡)から付けられています。

山陽道屈指の中世都市だった「備前福岡」

備前福岡は国宝「一遍上人絵伝」にも描かれた「福岡の市」で有名な場所です。中世以降、吉井川の水運と山陽道との結節点であったことなどから「市」が立ち、人・物資・金が集まる集積地として大いに賑わいました。街の規模は山陽道でも屈指だったそうです。

「福岡」の地名は、「丘のある土地」を由来とした佳称(縁起のいい呼び名)だと考えられます。

▼「晴れの国おかやま景観百選」にも選ばれている備前福岡の町並み。整然と区画された街路が、往時の歴史を物語ります。

近江を追われた黒田家再出発の地

黒田家は官兵衛の曾祖父・高政の代に近江を追われ、備前福岡に移住しています。高政とその息子・重隆(官兵衛の祖父)は一族とともに、逃げるようにしてこの地へやってきました。当時山陽道で隆盛を極めた「福岡の市」の混沌に身を寄せ、黒田家のを誓ったのです。

やがて息子・重隆が播磨の小寺氏に仕え、目薬屋として商才を発揮するなどして、黒田家再興の基礎を築きます。以後、職隆〜官兵衛〜長政(姫路→中津→福岡)と続く黒田家の隆盛、急成長はドラマ「軍師官兵衛」で描かれた通り。そのスタートとなったのが、備前福岡の地なのです。

初心を忘れず、備前福岡のような繁栄を

筑前・福岡城築城の際に黒田家は「是本を重んじ始を忘れざるの意」、つまり黒田家の来し方、初心を忘れずに居よう、この地を先祖ゆかりの地・備前福岡のように民が栄える豊かな場所にしたい…そう考え、新しい城に「福岡城」と名付けたのです。

(PR)【日本旅行】売り尽くしスペシャル〜間際の宿を格安に提供!!〜

▼備前福岡の妙興寺に残る「黒田家墓所」。官兵衛の曾祖父・高政の墓があります。その斜め向かいには、宇喜多直家の父・宇喜多興家の墓もあります。



関連記事
「軍師官兵衛」撮影場所・ロケ地まとめ 円教寺、えさし藤原の郷、竹田城跡など
岡山・備中岡山城跡・高松城水攻め築堤跡 官兵衛が提案した土木大作戦の現場
「軍師官兵衛」第1回ゆかりの地、ロケ地まとめ 姫路城・広峰神社・龍野城など

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

映画 ど根性ガエル 女優 まれ ブラタモリ 歴史 信長協奏曲 軍師官兵衛 NHK サブカル 音楽 ヒストリア 食文化 天皇の料理番 視聴率 ごちそうさん アイドル 地域文化 釣りバカ日誌 俳優 あさが来た あまちゃん 朝ドラ 大阪 やすらぎの郷 下町ロケット 真田丸 ひよっこ 東京都北区赤羽 ドラマ マッサン 花子とアン とと姉ちゃん 美女と男子 花燃ゆ タモリ倶楽部 ロケ地 醸造 ナポレオンの村 べっぴんさん
PAGE TOP ↑