「ドラゴン桜」ロケ地・東大模試の試験会場 東京経済大学 5号館(国分寺市)で撮影

TBS日曜劇場「ドラゴン桜(第2シリーズ)」第7話(2021年6月6日放送)で描かれた東大模試の試験会場のシーンの撮影が行われた東京経済大学のキャンパス、校舎についてまとめます。

東大専科メンバーは挑んだ「東大入試模擬試験」

「ドラゴン桜」第7話では、龍海学園・東大専科のメンバー7人が専科のクビをかけて、初めての「東大入試模擬試験」に挑む姿が描かれています。

試験会場の大教室には、東大受験を目指す他校の生徒たちが勢揃い。早瀬菜緒(南沙良)や天野晃一郎(加藤清史郎)は試験会場の雰囲気に飲まれて緊張してしまい、なかなか実力を発揮できず…。

「ドラゴン桜」東大模試、大学共通テストの点数まとめ 専科メンバーの実力順は?

▼模試の会場でも昼ごはんとおやつをモリモリと食べていた小杉麻里(志田彩良)と原健太(細田佳央太)。大物の予感がする幼なじみコンビは、小杉麻里がA判定、原健太がC判定となり、上々の結果を叩き出しました。

撮影は東京経済大学(国分寺市)

▼奥に見える新しい建物が、撮影が行われたと思われる東京経済大学・国分寺キャンパスの(新)5号館。


一連の東大模試のシーンは、東京都国分寺市にある私立大学・東京経済大学(国分寺キャンパス・5号館など)で撮影が行われたようです。

東京経済大学は、大倉財閥を作った大倉喜八郎によって1900年に現在の東京・虎ノ門に創立された大倉商業学校がルーツ。経済学部、経営学部、コミュニケーション学部、現代法学部などがあり、実学を重視した歴史ある大学として知られます。

龍海学園・東大専科の生徒たちが模試を受けた「教室A」は、国分寺キャンパスの(新)5号館にある大教室で撮影されたと思われます。


▼模試の直前に藤井遼(鈴鹿央士)が天野に声をかけたものの、「どうしてそういう無神経なこというの!集中したいから僕には話しかけないで」と言われてしまったのは、5号館前のこのあたり。


関連記事
【ドラゴン桜・ロケ地】龍海学園の校舎外観は「とちぎ海浜自然の家」(茨城県鉾田市) コンビニ、ラーメン瀬戸屋の撮影地も

スポンサーリンク


PAGE TOP ↑