NHKドラマ10「群青領域」ボーカル・河西陽樹 俳優・柿澤勇人は「エール」にも出演した歌唱力の持ち主

NHKドラマ10「群青領域」に登場する、バンド「Indigo AREA」のボーカリスト・河西陽樹(かさい・はるき)についてまとめます。

河西陽樹を演じているのは、朝ドラ「エール」にも出演した俳優・柿澤勇人(かきざわ・はやと)です。

ジュニの恋人 突然の脱退表明

河西陽樹は、絶大な人気を誇る5ピースバンド「Indigo AREA」のボーカルです。

「Indigo AREA」はもともとインストゥルメンタルバンドでしたが、メジャーデビューする際に陽樹が加入。陽樹の圧倒的な歌声に牽引されるように、バンドもスターダムにのし上がっています。

陽樹は同じく「Indigo AREA」の顔であるキーボーディスト・ジュニ(シム・ウンギョン)と交際していましたが、ハリウッドデビューを果たした女優・緋山恵(SUMIRE)と親密になると、突然バンドの脱退を表明。ジュニの心を大きく傷つけることになります。

恋人に裏切られ、さらにSNS上で壮大なバッシングを受けてしまったジュニは、音楽も何もかも捨てて海辺の町へと逃げ出して…。

ミュージカル出身俳優・柿澤勇人

「群青領域」のドラマ内でも繰り返し披露されることになるであろう、ボーカル・河西陽樹の圧倒的な歌声。この難しい役柄に挑むのは、神奈川県出身の34歳の俳優・柿澤勇人(かきざわ・はやと)です。

少年時代からサッカーに熱中し、高校時代まではプロを目指していたという柿澤勇人。高校一年生時に劇団四季のミュージカルに出会って感銘を受けると、ショービジネスの世界へと進んでいます。もともと祖父の清元榮三郎が三味線奏者、曾祖父の清元志寿太夫が浄瑠璃の語り手(ともに人間国宝)という家系に育っており、厳しい芸の道へと進んだのも自然な流れだったのかも知れません。

2007年に難関を突破して劇団四季の研究所に入所すると、「人間になりたがった猫」「ライオンキング」「春のめざめ」などで主演を経験。2009年に劇団四季を退団した後もミュージカル「スリル・ミー」「スウィーニー・トッド」「ロミオ&ジュリエット(※主演)」「デスノート The Musical(※主演)」などの舞台に次々出演し、人気俳優として活躍していきます。

朝ドラ「エール」に出演 美声を披露

端正なルックスを武器に、2011年頃からはテレビドラマや映画などの映像作品にも次々出演しています。大河ドラマ「平清盛」(2012年)の以仁王(もちひとおう)役、「軍師官兵衛」の森蘭丸役、ドラマ「新・刑事吉永誠一」(2014年)の九条一馬役、「デザイナーベイビー」(2015年)の峠則孝役、映画「カイジ2」(2011年)の村上保役、「ひみつのアッコちゃん」のサトウ先生役など、印象的な役柄を多数演じています。

2020年には、作曲家・古関裕而をモデルにしたNHK連続テレビ小説「エール」に歌手・山藤太郎役で出演をしています。

この山藤太郎というキャラクターは、国民栄誉賞を受賞した歌手・藤山一郎がモデル。柿澤勇人演じる山藤太郎は、劇中で古関裕而の歴史的名曲「丘を越えて」「長崎の鐘」を美しく歌い上げており、持ち前の歌唱力が存分に発揮されています。

関連記事
ドラマ「群青領域」主な出演者・キャスト、登場人物まとめ
【エール】歌手・山藤太郎(柿澤勇人) 国民栄誉賞・藤山一郎がモデル【丘を越えて・青い山脈】

NHKオンデマンド・見放題パックはU-NEXT無料トライアル利用がお得!

日本最大級の動画配信サービスU-NEXT (180,000本以上の作品が見放題)がNHKオンデマンドとも提携しています。

U-NEXTの31日間無料トライアル申し込みでもらえる特典(=1,000円分のポイント)を投入すれば、提携しているNHKオンデマンド・見放題コース(月額990円)を最大一ヶ月間お試しで楽しめます。 「おかえりモネ」や「青天を衝け」、過去の朝ドラ・大河ドラマなどが大量に見放題。

▼詳しくはこちらのリンク先の記事にまとめています。
U-NEXTでNHKオンデマンドを利用する方法や注意点、解約・退会方法などまとめ

スポンサーリンク


PAGE TOP ↑