ドラマ「古見さんはコミュ症です」主な登場人物、出演者・キャストまとめ

NHKよるドラ「古見さんはコミュ症です」に登場する主な登場人物、出演している俳優・女優(キャスト)をまとめます。

主人公・古見硝子(池田エライザ)

この物語の主人公・古見硝子(こみ・しょうこ)。私立伊旦高校の1年生。対人コミュニケーションが大の苦手で、「嫌われたらどうしよう」という不安のあまり声を出して喋れない、極度に内弁慶な性格。

友達100人を作ることを目標に高校に入学をしたものの、例によって誰とも打ち解けられず。困惑していたところを只野くんに声をかけられ、筆談を通して仲良くなっていく。本人の自己評価は低いが、美貌と醸し出すオーラにより知らぬ間に学園のマドンナ(通称・古見さま)となっている。

主人公・只野仁人(増田貴久)

この物語のもうひとりの主人公・只野仁人(ただの・ひとひと)。古見さんの隣の席の男子で、ひょんなことから古見さんの「友達第1号」になる。波風を立てずに「フツー」に過ごすことがモットーで、場の空気を読むことが得意(自称)。

平々凡々とした男子に見えるが、人の長所を見抜く観察眼は天性のもの。異端児、変わり者揃いの伊旦高校の生徒たちを結びつける不思議な役割を演じていく。その一方で学園のマドンナ・古見さんと仲良くしていることで、周囲から嫉妬されて悪口を言われてしまう。

ヤマンバギャル・万場木留美子(吉川愛)

ド派手で時代遅れなファッションで登校するヤマンバギャル・万場木留美子(まんばぎ・るみこ)。ギャル語を駆使し自由奔放に生きているように見えるが、実は新しいクラスに馴染めずに泣きながらトイレでお弁当を食べている繊細な女子。

入学当初は「友達いなくても好きにやってますよオーラ」を出して虚勢を張っていたが、ストレスのあまり体調を崩してしまう。たまたま通りかかった只野くんと古見さんに介抱されたことをキッカケに、二人と仲良くなっていく。古見さんの「友達第2号」。

ヤンキーデビュー・片居誠(溝端淳平)

金髪で周囲を威圧するエセヤンキー・片居誠(かたい・まこと)。中学時代に身体が弱く不登校となってしまったため、これからは強くなろうと決意してキャラ変。高校入学とともに「ナメられない」ヤンキーとしてデビューしたものの、根が真面目で優しいために空回り。おかしな行動が目立ち、友達が出来ない。

登校初日に只野くんが人助けをしているところを目撃して以来、只野くんの大ファンになってしまう。なんとか近づいて友だちになろうとするものの、ついつい緊張して上手く話せない。

只野の幼なじみ・長名なじみ(ゆうたろう)

第2話から登場。只野くんの幼なじみで、隣の隣のクラスに在籍している生徒・長名なじみ(おさな・なじみ)。化粧にスカートを身につけるジェンダーレスな雰囲気を持つ男子で、誰とでも仲良くなる驚異のコミュ力の持ち主。

只野くんの仲介により古見さんから友達になってほしいと頼まれるものの、あっさりと拒否。小学校の時に通っていたピアノ教室が古見さんと一緒で、その時に何度も声をかけたが無視されたため、古見さんにいい印象を抱いていないらしい。

汗っかき・阿瀬志吹(筧美和子)

古見さんたちのクラスメイトの阿瀬志吹(あせ・しぶき)。人一倍汗っかきという悩みを抱えており、常に大量の制汗スプレーを吹きかけている女子。多汗症であることを気にしすぎて、他人との深い関わりを避けている。

クラスメイトの潔さんとは小中学校からの幼なじみだったが、潔癖症を発症してしまった潔さんとはある出来事以来疎遠となっている。

潔癖症・潔清子(大西礼芳)

古見さんたちのクラスメイトの潔清子(いさぎ・きよこ)。極度の潔癖症で、抗菌グッズを持ち歩いている。生徒会長に立候補することになると、古見さんも応援を買って出るが、生真面目すぎるのか古見さん人気を利用したくないとして申し出を断ってしまう。

潔癖症が原因で幼なじみだった阿瀬さんにひどい言葉を投げつけてしまった過去があり、それ以来阿瀬さんとは距離がある。

潔癖症・成瀬詩守斗(城田優)

転校により、二学期から新しく只野くんたちのクラスメイトになった成瀬詩守斗(なるせ・しすと)。極度のナルシストで、自己主張を大切にしすぎて友達を作らない。だが、それには過去の苦い経験が関係しており…。

その他登場人物

・園田大勢(佐藤悠雅)
・担任の先生(永野宗典)
・おばあさん(大貫花子)
・男子生徒(門田宗大)

スポンサーリンク


PAGE TOP ↑