【おちょやん】「お父さんはお人好し」藤森家の大家族、兄弟12人の出演者(俳優・子役)まとめ

NHK連続テレビ小説「おちょやん」でヒロイン・千代が再起をかけて挑むラジオドラマ「お父さんはお人好し」。

劇中の大家族・藤森家の面々を演じる俳優、子役たちをまとめます。

夫婦役は花車当郎と竹井千代

「お父さんはお人好し」は、大阪で果物屋を営む夫婦と12人の子どもたちが繰り広げる喜怒哀楽のホームドラマとなっています。

主役は漫才師の花車当郎(塚地武雅)演じる夫・藤森アタ五郎と、竹井千代(杉咲花)演じる妻・藤森チヨ子。チヨ子は47〜48歳という設定で、誰よりも家族を愛しています。

以下、藤森家の12人の子どもたちを演じている俳優、子役をまとめます。子どもたちの役名は京都から品川までの東海道各駅の名前が由来となっています。各俳優、子役の名前にはプロフィールページなど(顔写真あり)をリンクしておきました。

Amazon Prime(30日間無料期間あり)では会員特典として、杉咲花主演映画「パーフェクトワールド」、成田凌主演映画「愛がなんだ」「窮鼠はチーズの夢を見る」、浪花千栄子出演映画「衹園囃子」「伊豆の踊り子」などが見放題(2021年5月現在)。

藤森家12人の子どもたち

長女・京子(大橋梓)

藤森家の長女・京子。東海道線の京都駅が命名由来。初めての台本読みわせの日、京子役を演じる女優・中村律子は余裕のない表情で台本に目を落とし続ける。律子はこのドラマがうまくいかないと所属する映画会社を首になってしまうという背水の陣とのこと。

▷演じているのは、大阪市出身で関西圏を中心に女優活動をしている大橋梓(おおはし・あずさ)。子役時代に「オードリー」でヒロインの少女時代役を演じたほか、「ごちそうさん」で復員兵の妻役、「マッサン」の久美役、「べっぴんさん」(役名なし)、「わろてんか」の女学生役、「スカーレット」の中淀働く母の会・栄子役などで朝ドラ出演。
「おちょやん」長女・京子役(中村律子) 演じているのは女優・大橋梓 「オードリー」ヒロインの少女時代役

次女・乙子(辻凪子)

藤森家の次女・乙子。東海道線・大津駅が命名由来。息子の一郎がいる。戦争で大陸に渡った夫は音信不通で、医者との縁談が持ち上がるが…。乙子を演じるのは根岸恵子という女優で、緊張している長女役女優・中村律子を心配する。

▷演じているのは、DASHに所属する大阪府出身の女優・辻凪子(つじ・なぎこ)。「わろてんか」の安来節踊り子・小豆沢とわ役、「まんぷく」の吉乃の友達・松岡恵子役、「スカーレット」の陶芸教室体験客・岬小百合役などで朝ドラ出演。※リンク先のプロフィールは前所属のDプロモーションのページです。

【おちょやん】「お父さんはお人好し」次女・乙子 朝ドラ常連女優・辻凪子が演じる

長男・米太郎(久保山知洋)

藤森家の長男・米太郎。東海道線・米原駅が命名由来。米太郎を演じるのは坂本浩二という役者で、戦争で父と弟を亡くしている。

▷演じているのは、サンミュージックブレーンに所属する大阪府出身の俳優・久保山知洋(くぼやま・ともひろ)。「ふたりっ子」の車谷役、「だんだん」の山田康太役、「スカーレット」の丸熊陶業社員・藤永一徹役などで朝ドラ出演。

次男・清二(細田龍之介)

藤森家の次男・清二。東海道線・清洲駅が命名由来。清二の結婚式をめぐりドタバタ劇が展開される。清二を演じるのは、高森久作という役者。

▷演じているのは、エヌ・エー・シーに所属する兵庫県出身の俳優・細田龍之介(ほそだ・りゅうのすけ)。「梅ちゃん先生」のヒロシ役、「ごちそうさん」西門悠太郎の少年期役で朝ドラ出演。

三女・熱子(淵上真如)

藤森家の三女・熱子。四女の豊子とは双子で、しばしば同時に発言してハモってしまう。東海道線の熱田駅が命名由来。

▷演じているのは、関西芸術座に所属する大阪府出身の女優・淵上真如(ふちがみ・まゆ)。「べっぴんさん」(役名不明)、「まんぷく」の柴田栄子(声)役で朝ドラ出演。

四女・豊子(三宅唯真)

藤森家の四女・豊子。三女の熱子とは双子で、しばしば同時に発言してハモってしまう。東海道線の豊橋駅が命名由来。

▷演じているのは、サンミュージック大阪に所属する大阪府出身の女優・三宅唯真(みやけ・ゆま)。「マッサン」の絹役、「あさが来た」の加野銀行女子行員候補見習い・末松すず役、「べっぴんさん」の女子生徒役、「スカーレット」のエイ子役で朝ドラ出演。

三男・浜三(久保田直樹)

藤森家の三男・浜三。東海道線の浜松駅が命名由来。浜三役を演じるのは、大月マサオという役者の青年。

▷演じているのは、日本放映プロに所属する大阪府出身の俳優・久保田直樹(くぼた・なおき)。「スカーレット」の病気の少年・安田智也役で朝ドラ出演。

五女・静子(藤川心優)

藤森家の五女・静子。東海道線の静岡駅が命名由来。静子役を演じている子役・島田ショウコは、受験のために俳優活動をやめるように両親から説得されると突然家出をしてしまい、放送局まで両親が駆けつける騒ぎとなる。静子は栗子の家に逃げ込んでおり…。

▷演じているのは、舞夢プロに所属する大阪府出身の女優・藤川心優(ふじかわ・みゆ)。NHKよるドラ「閻魔堂沙羅の推理奇譚」内山静香役など。
【おちょやん】「お父さんはお人好し」五女・静子 女優(子役)の藤川心優が演じる

四男・沼吉(新井元輝)

藤森家の四男・沼吉。東海道線の沼津駅が命名由来。松村カズヤという子役が演じる。

▷演じているのは、吉本興業所属の子役・新井元輝(あらい・もとき)。「スカーレット」森元太役で朝ドラ出演。卓球選手としても全日本卓球選手権大会・大阪府代表などの実績。

五男・横之助(有村春澄)

藤森家の五男・横之助。東海道線の横浜駅が命名由来。

▷演じているのは、日芸プロに所属する兵庫県出身の子役・有村春澄(ありむら・はると)。朝ドラ「マッサン」「べっぴんさん」「スカーレット」などに出演。

六女・品子(平田莉渚)

藤森家の六女・品子。東海道線の品川駅が命名由来。

▷演じているのは、イズムに所属する大阪府出身の子役・平田莉渚(ひらた・りお)。

七女・新子(松岡亜美)

藤森家の七女・新子。東海道線の新橋駅が命名由来。当郎と千代を最初に「お父ちゃん、お母ちゃん」と呼び、お互いに役名で呼び合うキッカケを作る。

▷演じているのは、舞夢プロに所属する大阪府出身の子役・松岡亜美(まつおか・あみ)。「まんぷく」吉乃の娘・岡麻美役で朝ドラ出演。

乙子の息子一郎(髙田幸季)

藤森家の次女・乙子の息子。出演者初顔合わせの時に、乙子の膝にちょこんと乗っていた子。

▷演じているのは、劇団ひまわりに所属する子役・髙田幸季

U-NEXT


その他登場人物

清二の花嫁・スミ子(西村こころ)

次男・清二の結婚相手。結婚式当日に謎の失踪をしてしまう。

▷演じているのは、20歳の女優・西村こころ

仲人・木村(国木田かっぱ)

次男・清二の結婚式で仲人を務める木村役。

▷演じているのは、リコモーションに所属する俳優・国木田かっぱ。朝ドラ「ウェルかめ」「カーネーション」「ごちそうさん」「マッサン」「わろてんか」「まんぷく」などに出演している朝ドラ常連俳優。

乙子の夫・岸野為雄(三好大貴)

次女・乙子の夫で、大陸に出生したまま行方不明になっていた。「戦争未亡人」として覚悟を決めた乙子は中年の医者との縁談を受けようと決意するが、為雄が生きて帰還し…。

▷演じているのは、劇団Patchに所属する俳優・三好大貴。朝ドラ「まんぷく」塩軍団メンバーとしても出演。
【おちょやん】「お父さんはお人好し」乙子の夫・岸野為雄 演じる俳優・三好大貴は「まんぷく」塩軍団

ナレーション・林田伸太郎(野田晋市)

「お父さんはお人好し」でナレーション(語り)を担当するNHKアナウンサー。

▷演じているのは、リコモーションに所属する俳優・野田晋市。朝ドラ「まんてん」「わかば」「風のハルカ」などに出演。
「おちょやん」お父さんはお人好しナレーション・NHKアナウンサー林田伸太郎役 俳優・野田晋市が演じる

関連記事
「おちょやん」漫才師・花車当郎(塚地武雅) モデルは花菱アチャコ
【おちょやん】ラジオドラマ「お父さんはお人好し」 花菱アチャコと浪花千栄子の代表作

スポンサーリンク


PAGE TOP ↑