北京オリンピック2022開会式 選手入場の国別入場順が話題に 日本は10番目 その法則は?

2022年2月4日(金)夜に行われる「北京オリンピック2022」の開会式。選手入場は大きな見どころの一つですが、北京大会では国別の入場順が「ある法則」により決まっており、一部で話題となっています。

スポンサーリンク

目次

ギリシャに続いて登場したのはトルコ

「北京オリンピック2022」の選手入場の国別の順番は、中国語の「ある法則」に従って入場順が決められています。オリンピック発祥の地である先頭・ギリシャに続いて登場したのはトルコでした。その法則とは…?

法則=「一文字目の漢字の画数が少ない国順」!

「北京オリンピック2022」の選手入場における入場順の法則とは、国、地域の名前を「中国で使われている漢字(簡体字)で表記した時に一文字目の画数が少ない順番」に並べたというもの。最初の漢字の画数が同一の場合は「中国における漢字部首の配列順」によるとのこと。

2008年の夏の北京オリンピックでも同じ法則で入場が行われています。※東京オリンピック2020では、日本語における各国表記の五十音順に入場。

今回ギリシャに続き登場したトルコは中国語の漢字(簡体字)で書くと「土耳其」であり、「土」の画数は3画。参加国中、トルコが一番一文字目の漢字の画数が少ないとのことです。逆に、最も一文字目の画数が多かったのはオーストラリア=澳大利亚でした。

一文字目の「日」が4画である日本は10番目に登場しています。

全登場順まとめ 日本は10番目

全登場順ざっとこんな感じ。記述した中国漢字表記は、北京オリンピックで採用されている国名(地域名)での表記です。台湾=中华台北、香港=中国香港など、政治的意味合いを持つ表記も見られます。

1.ギリシャ=希腊
2.トルコ=土耳古
3.マルタ=马耳他
4.マダガスカル=马达加斯加
5.マレーシア=马来西亚
6.エクアドル=厄瓜多尔
7.エリトリア=厄立特里亚
8.ジャマイカ=牙买加
9.ベルギー=比利时
10.日本=日本
11.台湾(チャイニーズ・タイペイ)=中华台北
12.香港(ホンコン・チャイナ)=中国香港
13.デンマーク=丹麦
14.ウクライナ=乌克兰
15.ウズベキスタン=乌兹别克斯坦
16.ブラジル=巴西
17.パキスタン=巴基斯坦
18.イスラエル=以色列
19.東ティモール=东帝汶
20.北マケドニア=北马其顿
21.ルクセンブルグ=卢森堡
22.ベラルーシ=白俄罗斯
23.インド=印度
24.リトアニア=立陶宛
25.ナイジェリア=尼日利亚
26.ガーナ=加纳
27.カナダ=加拿大
28.サンマリノ=圣马力诺
29.キルギス=吉尔吉斯斯坦
30.アルメニア=阿尔巴尼亚
31.スペイン=西班牙
32.リヒテンシュタイン=列支敦士登
33.イラン=伊朗
34.ハンガリー=匈牙利
35.アイスランド=冰岛
36.アンドラ=安道尔
37.フィンランド=芬兰
38.クロアチア=克罗地亚
39.サウジアラビア=沙特(沙特阿拉伯)
40.アルバニア=阿尔巴尼亚
41.アルゼンチン=阿根廷
42.アゼルバイジャン=阿塞拜疆
43.ラトビア=拉脱维亚
44.イギリス=英国
45.ルーマニア=罗马尼亚
46.ROC(ロシア・オリンピック委員会)=俄罗斯?
47.フランス=法国
48.ポーランド=波兰
49.プエルトリコ=波多黎各
50.ボスニア・ヘルツェゴビナ=波黑(波斯尼亚和黑塞哥维那)
51.ボリビア=玻利维亚
52.ノルウェー=挪威
53.カザフスタン=哈萨克斯坦
54.コソボ=科索沃
55.ブルガリア=保加利亚
56.アメリカ=美国
57.アメリカ領サモア=美属萨摩亚
58.アメリカ領バージン諸島=美属维尔京群岛
59.タイ=泰国
60.オランダ=荷兰
61.ジョージア=格鲁吉亚
62.コロンビア=哥伦比亚
63.トリニダード・トバゴ=特立尼达和多巴哥
64.ペルー=秘鲁
65.アイルランド=爱尔兰
66.エストニア=爱沙尼亚
67.ハイチ=海地
68.チェコ=捷克
69.フィリピン=菲律宾
70.スロベニア=斯洛文尼亚
71.スロバキア=斯洛伐克
72.ポルトガル=葡萄牙
73.韓国=韩国
74.モンテネグロ=黑山
75.チリ=智利
76.オーストリア=奥地利
77.スイス=瑞士
78.スウェーデン=瑞典
79.モンゴル=蒙古
80.ニュージーランド=新西兰
81.セルビア=塞尔维亚
82.キプロス=塞浦路斯
83.メキシコ=墨西哥
84.レバノン=黎巴嫩
85.ドイツ=德国
86.モルドバ=摩尔多瓦
87.モナコ=摩纳哥
88.モロッコ=摩洛哥
89.オーストラリア=澳大利亚
90.イタリア=意大利 ※次回開催国
91.中国=中国(中华人民共和国)

最後は開催国の中国、その前が次大会開催国のイタリア。そして、今回一文字目の漢字の画数が最も多かったのは、オーストラリア=澳大利亚でした。

ちなみに、2008年大会では最後の入場国は開催地の中国。その前に入場したのが、一文字目の画数が最多のザンビア=赞比亚でした。

スポンサーリンク

▼NHKオンデマンドをU-NEXT無料トライアルでお試し!

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる