【真田丸】黒木華が演じる梅 実在の人物?モデルは信繁側室か

スポンサードリンク

NHK大河ドラマ「真田丸」に登場する、真田信繁(堺雅人)の「最初の妻」となる梅(黒木華)についてまとめます。信繁は「初恋の人」である梅との想いが成就し、晴れて二人は結ばれるのですが…。

黒木華、長澤まさみ 女のバトル

「真田丸」のサイドストーリーとして注目されるのが、黒木華演じる「梅」と、長澤まさみ演じる「きり」による女のバトルです。

ともに信繁の幼馴染みであり、信繁に想いを寄せているのですが、二人の性格は正反対。物語序盤では、梅ときりが信繁を巡り火花を散らす展開となりそうです。

▼「小さいおうち」「花子とアン」「天皇の料理番」と立て続けに好演を見せた黒木華。今や和服が似合う若手女優No.1?

地侍の妹・梅 したたかな面も

梅は、真田の郷の地侍・堀田作兵衛(藤本隆宏)の妹です。作兵衛は農民をまとめるリーダー的存在で、堀田家は身分は高くないながら、父の代から真田家と信頼関係を築いています。

梅はニコニコと可愛らしい娘ですが、信繁が悩んでいる時など、その時に必要な言葉をきちっと選んで声をかけられる頭の良い(ある意味でしたたかな)女性。また、近隣の農民といざこざが発生した際には武器を持って駆けつけるなど、たくましい女性でもあります。

梅は信繁が自分に好意を寄せていることも理解した上で、信繁に対して優しく接します。女性らしい気配りと豪快さを併せ持った梅に、信繁は惚れ込んでいくことになります。

一方、恋のライバルとなるきりは、真田家重臣・高梨内記の娘という家柄。大らかで物言いはストレートながら、信繁への想いだけは口に出来ず、信繁と梅の恋を応援していくことになります。

側室として真田家に嫁入り

やがて梅が信繁の子を妊娠すると、家格の違いもあり、梅は側室として真田家に嫁入りします。母・薫(高畑淳子)の反対などはありますが、信繁の希望で祝言をあげるなど、信繁は梅を「妻」として大切に迎え入れます。

両想いで幸せのはずの二人でしたが、次第にその関係に暗雲が立ちこめます。

父・昌幸の策略もあり信繁は上杉家に人質に入ることになり、二人は離ればなれに。娘・すえを出産したばかりの梅は信繁の帰りを待ちますが、やがて徳川との戦い「第一次上田合戦」に巻き込まれ…。

梅は実在したが、資料はほとんど残っていない

信繁の「最初の妻」となる梅は、実在の人物「堀田興重(=作兵衛。真田家家臣)の娘」がモデルとなっています。この「堀田興重の娘」は真田信繁の側室(当初は正室だったとも)で、信繁との間に娘・阿菊(すえ)を生んでいます。※この側室の兄も父同様「堀田興重(作兵衛)」を名乗っていたとのことで、混同注意。

娘・阿菊についてのその後の記録はあるものの、「堀田興重の娘」本人の記録はほとんど残っていないとのことで、「真田丸」で描かれる梅という人物のキャラクター、エピソードの大半は三谷幸喜ら製作陣によってつくりあげられたものです。

関連記事
【真田丸】梅が妊娠 生まれた娘・すえ(阿菊)のその後

また、今後「信繁の生涯のパートナー」(NHKによる)となっていく女性・きりも、実際には信繁の側室(高梨内記娘。娘・阿梅を生んでいる)であったようです(※信繁の正室は大谷吉継の娘(?)とされる竹林院)。

関連記事
【真田丸】源次郎信繁の四人の妻(正室・側室)梅、春、たか、そして…きり?それぞれのモデル人物
【真田丸】梅の兄・堀田作兵衛のモデルは堀田興重 大坂夏の陣で…
「花子とアン」では銀熊賞受賞の黒木華に大注目 妹の「安東かよ」を演じる

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑