2017年春・秋 2018年春のNHK朝ドラは?ヒロイン、脚本家、あらすじまとめ

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」(2016年秋〜2017年春)に続く朝ドラ(2017年、2018年分)の概要をまとめます。

2017年2月現在、3期先の「2018年春」放送開始予定分の作品までの概要が発表になっています。

「ひよっこ」2017年4月(春)〜

NHK東京・オリジナル脚本

ヒロイン:有村架純
脚本:岡田惠和(「ちゅらさん」、「おひさま」など)
時代:1964年(東京オリンピックの年)から始まる。高度経済成長期。
舞台:茨城と東京

あらすじ
茨城県の「奥茨城村」でのびのびと生まれ育ったヒロイン・みね子は、東京に出稼ぎに出たまま行方不明になった父を探すため、集団就職(いわゆる高度経済成長期の「金の卵」)により東京に上京。トランジスタ工場で働き始める。

しかし会社が潰れてしまい、みね子は父がかつて通っていたという洋食屋で働くことに。みね子は人情あふれる町の人たちに囲まれ、次第に東京という町に根をおろしていくことになる。

▷時代背景的に「三丁目の夕日」的な世界観が展開される…?あるいは「父親失踪」「田舎と都会」というテーマが「まれ」を彷彿とさせる…?

「わろてんか」2017年10月(秋)〜

NHK大阪・モデル人物あり

ヒロイン:葵わかな
脚本:吉田智子(「美女か野獣」「働きマン」「アオハライド」など)
時代:明治後期から第二次世界大戦期頃
舞台:大阪

あらすじ
吉本興業を興した実在の女性・吉本せいがモデル。

京都の薬種問屋に生まれたヒロイン・藤岡てんは、芸ごとが大好きな夫・藤吉(船場の米穀商の跡取り)と駆け落ち同然に結婚。しかし、「人生には何よりも笑いが必要」と考える道楽者の夫は家業をおろそかにし、ついには家を傾かせてしまうことに。

そこでてんは、夫が大好きな「笑い」を商売にしようと一念発起。大阪がこんにちのように「笑いの都」と呼ばれる礎をつくっていく。

▷大阪全盛時代を舞台にしたドラマの設定等は人気だった朝ドラ「あさが来た」に似ている?

「半分、青い。」2018年4月(春)〜

NHK東京・オリジナル脚本

ヒロイン:未定(2017年2月現在)
脚本:北川悦吏子(「あすなろ白書」、「ロングバケーション」など)
時代:ヒロインは1971年生まれ。高度経済成長期後期から現在まで。
舞台:岐阜と東京

あらすじ
子供の頃に病気により左耳の聴力を失ったヒロイン・鈴愛(すずめ)。鈴愛は持ち前の独創性、発想力を活かし、失敗を恐れずに「大きな発明」を成し遂げることになる。

▷高度経済成長期からバブル期、そして現在へと、目まぐるしく変化していく時代を描いていく模様。

関連記事
朝ドラヒロイン NHK大阪は関東出身女優がお好き?近作の関東関西女優起用傾向まとめ
2017年秋の新朝ドラは「わろてんか」 ヒロイン・藤岡てんのモデルは吉本興業創業者・吉本せい

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

下町ロケット 美女と男子 東京都北区赤羽 ひよっこ 真田丸 食文化 あまちゃん とと姉ちゃん ヒストリア マッサン 軍師官兵衛 地域文化 天皇の料理番 歴史 花子とアン ど根性ガエル ごちそうさん 釣りバカ日誌 大阪 ナポレオンの村 音楽 醸造 ドラマ ブラタモリ NHK 信長協奏曲 まれ べっぴんさん 映画 タモリ倶楽部 俳優 花燃ゆ あさが来た 視聴率 朝ドラ アイドル 孤独のグルメ ロケ地 サブカル 女優
PAGE TOP ↑