朝ドラ「まんぷく」の時代設定は昭和?モデル・安藤百福、仁子が生きた時代

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「まんぷく」のヒロイン夫婦が生きる時代、ドラマの時代設定についてまとめます。

ヒロイン夫婦のモデルとなっている日清食品創業者・安藤百福、仁子夫妻の生没年、簡単な人生の経過をまとめるとともに、近作のNHK大阪制作朝ドラの実在のモデルたちの生きた時代との比較をしてみます。

明治、大正、昭和、平成を生きた安藤百福

安藤百福氏は、1910年(明治42年)に日本の統治下にあった台湾で生まれています。

1932年(昭和7年)に22歳で企業を決意し台北に「東洋莫大小(メリヤス)」を立ち上げると、本土・大阪でも「日東商会」を設立。戦時下においても「幻灯機」の製造や軍需工場の共同経営などを行うなどビジネスマンとして次々と成功を収めますが、度重なるトラブルや戦災に巻き込まれ、事業のリセットを繰り返すことになります。

百福氏がこんにちの「日清食品」の礎となる「チキンラーメン」を開発・発売したのは、1958年(昭和33年)のこと。以降、百福氏は「カップヌードル」を生み出すなど「日清食品」を戦後日本を代表する企業に育て上げ、2007年(平成19年)に満96歳で亡くなっています。

【朝ドラ・まんぷく】立花萬平モデル 安藤百福が手がけた数々の事業とは 失敗と挫折の歴史

妻・安藤仁子 大正生まれ、平成22年に亡くなる

一方、妻の仁子氏は1917年(大正6年)に福島県で生まれています。大阪の高校を卒業後、大阪の財界人が集まる「大阪クラブ」の受付をしている時に百福氏に一目惚れをされ、戦時中に結婚をしています。

仁子氏は起業家の妻として百福氏を支え続け、百福氏が亡くなった3年後の2010年(平成22年)に92歳で亡くなっています。

2018年秋の新朝ドラは「まんぷく」 モデルは日清食品創業者・安藤百福、仁子夫妻

主人公の40年あまりの人生を描く 昭和時代が中心に

「まんぷく」の物語は、安藤百福、仁子夫妻の人生をモデルとし、時代背景や時系列も参考にしながら進行していきます。

NHKによれば、「今回はおよそ40年という主人公の人生を描く」とのこと。

恐らくヒロイン・福子の幼少期(大正~昭和初期)から物語が始まり、夫・萬平がインスタントラーメンの開発を成功、ヒットさせるあたりまで(萬平47歳前後、昭和30年代)が描かれるものと思われます(もう少し後の時代、昭和40年代くらいまでは描かれるかも)。

▼参考までに、以下に近作朝ドラ(NHK大阪制作)の主人公のモデル人物たちの生きた時代を、画像でまとめておきます。「まんぷく」の時代設定は「マッサン」や「べっぴんさん」に近いであろうことがわかります。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

半分、青い。 タモリ倶楽部 醸造 食文化 美女と男子 地域文化 花燃ゆ NHK ひよっこ ごちそうさん べっぴんさん 軍師官兵衛 まれ 花子とアン サブカル 歴史 俳優 下町ロケット ロケ地 陸王 とと姉ちゃん ヒストリア あさが来た マッサン 音楽 真田丸 ナポレオンの村 あまちゃん アイドル 朝ドラ 天皇の料理番 まんぷく 女優 わろてんか ドラマ ブラタモリ 大阪 視聴率 トットちゃん! この世界の片隅に
PAGE TOP ↑