「なつぞら」に安藤サクラが声で出演 「まんぷくヌードル」も劇中に登場

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「なつぞら」2019年9月13日(金)、14日(土)放送回に、前作「まんぷく」でヒロインを務めた女優・安藤サクラが出演します。

劇中アニメの声優として出演するようです。

「大草原の少女ソラ」の語りを担当

「なつぞら」9月13日、14日の放送に安藤サクラが出演することが本人のツイッターで明かされました。恐らく、「大草原の少女ソラ」の声を担当するということでしょう。

追記:少し分かりづらかったのですが、安藤サクラは「大草原の少女ソラ」の語り、ナレーションを担当したようですね。オープニングの出演者クレジットに「語り(劇中アニメ)」として安藤サクラの名前が登場していました。

▼14日には、「小なつ」こと粟野咲莉も再登場!
【なつぞら】千遥の娘・杉山千夏 子役の粟野咲莉(小なつ)が再登場!

9月14日のあらすじは以下の通りとなっています(番組表より引用)。この日の放送では、マコプロ製作のアニメ「大草原の少女ソラ」の放送が開始され、最終回の「ハッピーエンド」に向けて重要な役割を演じる「ある女の子」が登場します。

9月14日あらすじ〜

なつ(広瀬すず)や坂場(中川大志)が手がけた「大草原の少女ソラ」の放送が始まった。泰樹(草刈正雄)や富士子(松嶋菜々子)たちの柴田家や、小畑家と亜矢美(山口智子)、山田家の人々がそれぞれの思いで放送を見ていた。放送終了後、プロデューサーの麻子(貫地谷しほり)は、テレビ局で、視聴率と評判を聞いてくる。その評判とは…。そして、ある女の子がマコプロにやってくる。

▼関連記事。「なつぞら」には朝ドラ歴代ヒロインが次々に登場しています。
「なつぞら」に歴代の朝ドラヒロイン女優が集結 出演作まとめ

福子役で「なつぞら」出演を熱望していた安藤サクラ

安藤サクラは、「まんぷく」から「なつぞら」へのヒロイン・バトンタッチセレモニーに出席した際に、「まんぷく」で演じた立花福子役として後ろ姿だけでも出演したいと、「なつぞら」への出演を熱望した経緯があります。また、「どこか隅っこでもいいから『なつぞら』に『まんぷくヌードル』を映してもらえないですかね」とおねだりもしていました。

「まんぷく」も「なつぞら」も、ヒロインが活躍するのは戦後の高度経済成長期という同じ時代。「なつぞら」で奥原なつが忙しく働いているアニメ製作の現場では市民権を獲得し始めていたカップラーメンが不可欠だったといい、両作の時代背景もリンクしています。※カップヌードルの発売は1971年(昭和46年)のこと。なつがマコプロ移籍を決断したのは1973年(昭和48年)。

「なつぞら」に「まんぷくヌードル」?

「なつぞら」9月7日(土)の放送では、安藤サクラ登場の前フリ?とも思えるようなシーンが登場しています。

1973年(昭和48年)。マコプロへの移籍を決断したなつは、「師匠」である仲に退職の意思を告げるため、東洋動画の休憩室で昼食を共にしています。この時、二人の背後では複数の若手社員がお昼ごはんを食べていたのですが、そのうちの男性二人がいずれもカップラーメンをズズズーっと美味しそうにすすっていたのです。

このシーンは日清食品の「カップラーメン」発売(1971年)の二年後であり、当然そうした時代考証を経た上での演出と考えられます。カップラーメンのパッケージデザインも名木と忠彦が創り上げた「まんぷくヌードル」に極めて類似しており、明らかに「まんぷく」を意識したものと言えるでしょう。

この前フリ(?)を受けて翌週の、安藤サクラの登場。これまで「なつぞら」に登場した歴代朝ドラヒロイン同様、安藤サクラもドラマを盛り上げてくれそうです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑